【元社員が選ぶ】無印で「2023年買ってよかった」掃除用品3選! 年末の大掃除前に買いたいアイテム

衣服雑貨や食品、家具から家電までそろう日用品ブランド・無印良品。多くの商品のなかでも、リピーターが多い商品がいくつかあります。今回は無印良品で勤務歴のある筆者が、無印良品で「2023年買ってよかった」掃除用品を解説!

「今年買ってよかった」掃除用品3選
「2023年買ってよかった」掃除用品3選
衣服雑貨や食品、家具から家電までそろう日用品ブランド・無印良品。多くの商品のなかでも、リピーターが多い商品がいくつかあります。きっかけが何であれ、推せる名品に出会えることはうれしいものです。

今回は、無印良品で勤務歴のある筆者が「2023年、買ってよかった」掃除用品を徹底解説。年末の大掃除に向けて、ぜひ検討してみてください。

「水回りの汚れ用 掃除シート」/税込299円

掃除シート単体
水回りの汚れ用 掃除シート(税込299円)
2023年の新商品であるこの掃除シートは、母にもおすすめしたアイテムの1つ。研磨剤不使用のザラザラとしたシートが、焦げつきなどの頑固な汚れも落としてくれます。

こびりついた水あか、フライパンや五徳の焦げつきなど、水回りのしぶとい汚れはできるだけ小まめに落としたい……! という気持ちをかなえてくれた便利なシートでした。
掃除シート使用
蛇口などについた、しつこい水あかもスッキリ!
厚みのあるスポンジとは違い、カーブに沿わせられるシートなのもポイント。蛇口やシンク、浴室まわりなど、細かい部分の掃除にも大活躍してくれます。

【こちらも読む→リピ買い必須の無印良品「日用品」3選!

「卓上ほうき ちりとり付き」/税込490円

ちりとり単体
卓上ほうき ちりとり付き(税込490円)
2023年に入って、保護猫2匹をお迎えしたわが家。ケージのそばやトイレ周辺、玄関などに猫砂が散乱しがちになりました。大きなほうきもよいけれど、なにかもう少しコンパクトなものを……と探していた時にみつけたのがこちらの卓上ほうきセットでした。
ちりとり使用
小回りのきくサイズが使いやすい!
コンパクトサイズのほうきと自立型ちりとりの組み合わせ。気づいた時にサッと掃除しやすいサイズ感と、自立させるために高さがつけられたことでゴミを落としづらくなったちりとりの構造がツボでした。
ちりとり壁
玄関などよく使用する場所の壁に掛けることもできる
隙間で自立させてもよし、壁に引っ掛けてもよし。猫用に購入しましたが、何かとゴミの出やすいベランダや洗面所まわりにも設置しようかと考え中です。

「ポリエチレン手袋」/税込99円

手袋単体
ポリエチレン手袋(税込99円)
年始に「今年こそ庭いじりをするぞ!」と購入しましたが、結局園芸ではなくもっぱら掃除のタイミングで使用していました。全長28センチ、手のひらまわりも28センチと、手が小さめな人だとややゆったりサイズかもしれません。
手袋 使用
着脱しやすさと気兼ねなく使える価格感が◎
ポイントは、手袋の内側をエンボス加工で仕上げられていること。このおかげで着脱しやすく、生地もしっかりと厚めなのでストレスフリーに掃除が進められます。年末に向けて買い足しを検討している筆頭アイテムです。

年末に慌てないためにも、用意や準備は早めに終えておきたいもの。ぜひ無印良品の店頭でチェックしてみてくださいね。

この記事の筆者:花輪えみ プロフィール
千葉県出身。都内の無印良品3店舗で勤務経験があり、内1店舗では副店長を務める。勤務時は食品や生活雑貨を担当。無印良品のイチオシ商品は「全粒粉ビスケット」。良品計画退職後はライター/編集者として活動し、記名ライター歴8年目を迎える。女性向けサイト編集、兼業ライターを経て現在フリー。趣味は散歩。
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    引退する「ドクターイエロー」。座席数、ねぐら、後継車両…実はあまり知られていない7つの秘密

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    「失礼なことを聞くようだけど……」外国人が不思議に思う、日本人女性の徹底した「白肌信仰」

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ルックバック』や『帰ってきた あぶない刑事』も。2024年の「バディ映画」から見えてくる多様性と変化