【無印良品週間】元社員もリピ買いした「日用品」3選! “100円以下”の便利アイテムとは?

無印良品メンバーを対象とした、全品10%オフになるキャンペーン「無印良品週間」が開催中。今回は無印良品で勤務経験のある筆者が「これだけは手に入れるべき!」と太鼓判を押す、おすすめ“日用品”をこっそり伝授します。

無印良品週間がスタート! おすすめの日用品は?
無印良品週間がスタート! おすすめの日用品は?
無印良品メンバーを対象とした、全品10%オフ(※)になるキャンペーン「無印良品週間」が10月27日から11月6日まで開催。衣服雑貨や日用品、食品はもちろん、大型家具や家電もお得に購入できる見逃せない期間です。

今回は無印良品で勤務経験のある筆者が「これだけは手に入れるべき!」と太鼓判を押せる、“おすすめ日用品”をこっそり伝授します。

※一部商品を除く

【こちらも読む→無印良品週間で買いたいおすすめスキンケア4選
 

1:蓋が選べる ホーロー保存容器(中)/税込1190円

ホーロー容器
手前:蓋が選べる ホーロー保存容器(中)(税込1190円)
良品週間の実施が決まったとき「これだけは……!」と、買い物メモの先頭に書いたのが「ホーロー容器」シリーズ。無印良品の「ホーロー保存容器」は、におい移りがほとんどなく密閉もできるということで長年の人気アイテムです。

これを導入してから、カレー炒めやニンニクのきいた料理など、においの強い料理を冷蔵庫で保存するのが怖くなくなりました。ずっと愛用しているシリーズのなかでも、今回は使い勝手の良い「中サイズ」をチョイス!

また、追加で気になっているのが「シール蓋」。リニューアルを経て本体と蓋が別売りになったホーロー容器では、密閉蓋のほかにシール蓋も選べるようになりました。

お手入れが手間に感じることもある密閉蓋の、代わりとして手軽なシール蓋を導入するのも手。良品週間中に追加でチェックしたいアイテムの1つです。
 

2:ポリプロピレン チューブ絞り器/税込99円

チューブ絞り器
ポリプロピレン チューブ絞り器(税込99円)
歯磨き粉、ボディクリーム、ハンドクリーム……家を探してみると、案外チューブ容器は少なくありません。そんなチューブ入りのジェルやクリームを最後まで無駄なく絞り出すための便利アイテムが「チューブ絞り器」です。

ただ、チューブの中身がたっぷりある時は使わないのでなくしてしまいがちに……。今回はきちんと置き場所を設定したうえで満を持して追加購入をしました!

ちなみに、一緒に働いていたスタッフさんの中には「猫用のチュールを絞るのに欠かせない」という方もいました。なるほど……と思うのと同時に、このアイテムの使い勝手のよさを再認識したものです。
 

3:水回りの汚れ用 掃除シート/税込299円

掃除シート
水回りの汚れ用 掃除シート(税込299円)
掃除アイテムの中でリピ買いしたのが「水回り汚れ用 掃除シート」。研磨剤不使用のザラザラとしたシートで、しつこい汚れを落としてくれます。わが家では、蛇口やシンクについた水垢や、キッチン周辺の油汚れの掃除に大活躍!

以前は洗って繰り返しつかえる綿ふきんを使用していましたが、このシートを知ってからすっかりトリコに。使い切りタイプで後始末も楽々です。

新商品の使い勝手を教えてくれる仲良しのスタッフも、早速まとめ買いしたとのことでした。元々がお求めやすい価格でも、ストック買いするなら話は別! 10%オフのお得な期間に、まとめ買いしておきました。

今年2回目となる「無印良品週間」は11月6日まで開催中。ネットストアは11月7日の午前10時までです。まとめ買いや気になっていた商品を試す機会に、ぜひ活用してみてください。

この記事の筆者:花輪えみ プロフィール
千葉県出身。都内の無印良品3店舗で勤務経験があり、うち1店舗では副店長を務める。勤務時は食品や生活雑貨を担当。無印良品のイチオシ商品は「全粒粉ビスケット」。良品計画退職後はライター/編集者として活動し、記名ライター歴8年目を迎える。女性向けサイト編集、兼業ライターを経て現在フリー。趣味は散歩。
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「身長が193センチあるので……」日本大好きなニュージーランド人が、日本の電車で困っていることは?

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『先生の白い嘘』のインティマシー・コーディネーター不在を改めて考える。「入れれば万事OK」ではない