【無印良品】SNSでも話題沸騰! 新旧“オールインワン”化粧品を徹底比較。元社員衝撃の理由とは……?

衣服・生活雑貨や食品はもちろん、大型家具から家電までそろうブランド・無印良品。今回は無印良品で勤務歴のある筆者が、無印良品で発売中のオールインワン化粧品を徹底比較してみました!

オールインワン化粧品2種を元社員が徹底比較
オールインワン化粧品2種を元社員が徹底比較
衣服雑貨や食品、家具から家電までそろう日用品ブランド・無印良品。ロングセラーの商品はアップデートをこまめに繰り返し、商品改良が続けられています。

今回ピックアップしたのは、9月下旬にリニューアルしたばかりのスキンケア商品。そのリニューアルで生まれ変わったオールインワン化粧品と、新登場のオールインワン化粧品との違いについて、無印良品で勤務歴のある筆者が解説します。
 

長年愛される「オールインワンジェル」が待望のリニューアル

敏感肌用オールインワンジェル
敏感肌用オールインワンジェル(150グラム・税込1490円)
化粧水、乳液、美容液が1つになった無印良品のオールインワンジェルは、旅行先や忙しい朝に活躍してくれると人気を集めたロングセラー商品。スッと伸びて肌なじみがよく、物足りなさも特に感じません。

常連のお客さまからも「時短で気軽にスキンケアできるので助かっている、他社製品と比較してお手頃なのもうれしいところ」とコメントをいただきました。小さなサイズも出ているので、旅先などでも使用しやすいのがうれしいポイントです。
 

新登場の「クリーム化粧水」がSNSで話題殺到!?

敏感肌用クリーム化粧水
敏感肌用クリーム化粧水(300ミリリットル・税込1690円)
肌なじみの良い保湿成分・スクワランオイルを配合した「クリーム化粧水」は今回のリニューアルのタイミングで登場した新商品。化粧水なのに乳液まで塗ったような、しっとり滑らかな肌に仕上げられるとのことで話題となったアイテムです。

化粧水と乳液をあわせたような柔らかな乳白色のテクスチャーは、さらっとしています。肌にぬってみると、確かにしっとり&もっちり! べたつきすぎず乾きすぎずの絶妙な部分をついてくれて、本当に驚きでした。

無印良品の店舗でも、これでスキンケアが完了するなんて……と驚くスタッフが続出しているようです。
 

肌の調子にあわせて使い分けがおすすめ

オールインワンジェル
忙しい朝の強い味方になるかも!
実は、乳液やクリーム系のドロリとした感触が苦手な筆者。クリーム化粧水の使用感は「スキンケアに革命が起きたかもしれない」と衝撃でした。乾燥しやすい寒い時期やかさつきが気になる時にはオールインワンジェル、デイリー使いにはクリーム化粧水と、肌の調子にあわせて変えてもよいかもしれません。

SNSでも話題となった、無印良品のオールインワン化粧品。ぜひ店舗やネットストアでもチェックしてみてください。

この記事の筆者:花輪えみ プロフィール
千葉県出身。都内の無印良品3店舗で勤務経験があり、内1店舗では副店長を務める。勤務時は食品や生活雑貨を担当。無印良品のイチオシ商品は「全粒粉ビスケット」。良品計画退職後はライター/編集者として活動し、記名ライター歴8年目を迎える。女性向けサイト編集、兼業ライターを経て現在フリー。趣味は散歩。
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」