無印良品の「ふき取り化粧水」はスキンケアの名脇役!? 洗顔代わりに使うスタッフも【元社員が解説】

衣服・生活雑貨や食品はもちろん、大型家具から家電までそろうブランド・無印良品。今回は無印良品で勤務歴のある筆者が、発売中の「ふき取り化粧水」をお試ししてみました!

スキンケアの名脇役「ふき取り化粧水」がリニューアル
スキンケアの名脇役「ふき取り化粧水」がリニューアル
衣服雑貨や食品、家具から家電までそろう日用品ブランド・無印良品。ロングセラーの商品はアップデートをこまめに繰り返し、商品改良が続けられています。

ピックアップしたのは、9月下旬にリニューアルしたばかりのスキンケア商品。今回は「ふき取り化粧水」について、無印良品で勤務歴のある筆者が解説します。
 

リニューアルで“天然由来成分100%”に

ふき取り化粧水(300ミリリットル・税込1490円)
ふき取り化粧水(300ミリリットル・税込1490円)
そもそも拭き取り化粧水とは、化粧水などのスキンケアをする前に肌の古い角質や毛穴の汚れ、皮脂を取り除いて整えるアイテム。今回のリニューアルでは、天然由来成分(※)100%のスキンケアに生まれ変わりました。

リニューアル後の「ふき取り化粧水」は、拭き取り後のべたつきを抑え、よりさらっとした仕上がりになったのだとか。季節の変わり目で肌がゆらいでいた筆者は、早速無印良品でゲットして試してみました。

(※)天然成分を化学的に反応させた成分を含みます
 

潤い成分で滑らかさがアップ! 「洗顔代わり」にも使用可能

リニューアル後に追加された成分にも注目!
リニューアル後に追加された成分にも注目!
さらに今回のリニューアルでは、新たにユーカリ葉エキスとグレープフルーツ種子エキスの潤い成分を配合。リニューアル前のふき取り化粧水を使用したこともありますが、より滑らかな使い心地でした。

ふき取り化粧水で肌をフラットな状態にすることで、スキンケアの効果を最大限に引き出してくれます。まさに“スキンケアの名脇役”ともいえるでしょう。美容に敏感な、衣服担当のスタッフは「寝る前か、起床後の洗顔代わりとして1日1回の頻度で使っている。洗顔で落としきれない汚れを落とせていると思う」とコメントしてくれました。
 

季節の“ゆらぎ肌”に悩んでいる人にも

他シリーズとの併用もできるアイテムは持っておいて損なし
他シリーズとの併用もできるアイテムは持っておいて損なし
無印良品といえば、肌をやわらかくして美容成分を角質層まで浸透しやすくしてくれる「導入化粧液」が有名ですが、肌を整えるふき取り化粧水もあなどれません!

季節の変わり目でゆらぎ肌に悩んでいる人にもおすすめです。ぜひ店頭やネットストアでチェックしてみてください。

この記事の筆者:花輪えみ プロフィール
千葉県出身。都内の無印良品3店舗で勤務経験があり、内1店舗では副店長を務める。勤務時は食品や生活雑貨を担当。無印良品のイチオシ商品は「全粒粉ビスケット」。良品計画退職後はライター/編集者として活動し、記名ライター歴8年目を迎える。女性向けサイト編集、兼業ライターを経て現在フリー。趣味は散歩。
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    港区女子は、なぜここまで嫌われる? 自活する女性から「おごられ」「パパ活」の代名詞になった変遷

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応