「素敵なママ」長谷川京子、息子とのクリスマス買い物コーデに「マジ綺麗」「ハセキョーボブ最強」の声

俳優の長谷川京子さんが12月12日、自身のInstagramを更新。息子との買い物のコーディネートを披露し、「素敵なママ」とファンから反響を呼んでいます。(サムネイル画像出典:長谷川京子さん公式Instagramより)

俳優の長谷川京子さんが12月12日、自身のInstagramを更新。息子との買い物のコーディネートを披露し、ファンから反響を呼んでいます。

【実際の投稿:長谷川京子、クリスマス買い物コーデ!】

「Christmas presentの買い物を一緒に」

長谷川さんは「昨日は娘の、今日は息子のChristmas presentの買い物を一緒に」と書き出すと、ベージュ色のロングコートにグレーのニット、白いハーフパンツにロングブーツを合わせたコーディネートのショットを2枚披露。ブーツとニットの色合わせがホリデーシーズンにマッチしていて、すてきです。

続けて「結局一緒に買った方が本人達が欲しいものを買えちゃうから プレゼントは25日までお預けですけど」と明かした長谷川さんには、ファンから「マジ綺麗」「いつまでも美しい」「たまりません」「ハセキョーボブ最強」「凄く好きなコーデです 素敵なママだな~」などの声が寄せられています。

プライベートでも、すてきなコーデ

たびたび、すてきな母親ぶりを見せてくれる長谷川さん。9月18日の投稿では、「この連休中は子どものドライバー」と、ノースリーブの格好いい白いコーディネートで運転手として子どもの送り迎えをしたことを明かしています。プライベートでも、すてきなコーディネートで楽しませてくれる長谷川さんには頭が下がりますね!
   
次ページ
長谷川さんのすてき母親コーデを見る!
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」