『すずめの戸締り』声優から狂気的な女子高生役まで!? 2023年引っ張りだこの「原菜乃華」の魅力とは

若手女性俳優として、さまざまな作品に出演している原菜乃華さん。かわいらしいビジュアルはもとより、圧倒的な演技力が称賛される中で、その魅力に迫っていきます。(サムネイル画像出典:『泥濘の食卓』公式Webサイトより)

時代劇デビュー『どうする家康』で見せる“演技の幅”

もちろん、この才能をテレビ、映画業界が放っておくはずもなく、2023年は大忙しの年になりました。『波よ聞いてくれ』(テレビ朝日系)、『こむぎの満腹記』(テレビ東京系)といったテレビドラマに出演し、話題の映画『ミステリと言う勿れ』ではヒロイン・狩集汐路役を演じます。

上記の作品はぜひ見逃し配信サービスなどで見ていただくとして、今回の記事では中でも注目されている、『どうする家康』『泥濘の食卓』を取り上げます。

まずは、千姫役を演じる『どうする家康』から解説しましょう。初の時代劇で大河デビュー。出演発表時のコメントでも、「着物やかつらを付けての芝居が初めて」と明かしています。そんな初めてづくしの大河で演じる千姫は、徳川と豊臣の架け橋となる重要な役。物語の後半にかけてキーとなる人物です。
  日本人的な美しさを持つ原さんは、着物とかつらがバッチリ似合います。今後、時代劇のオファーも多くなることでしょう。演技ではクセの強い役者が多い大河作品の中でも、しっかりと自分の持ち味を生かせている印象です。

千姫は、徳川家康の孫で高貴なお姫様ながら、豊臣秀頼に若くして嫁ぐことに。関係が悪化していく徳川家と豊臣家の間で翻弄されながら、志をしっかりと持った芯の強さを見せる女性です。

やさしい雰囲気をまといながらも、力強いまなざしは史実の千姫に近いものを感じ、初大河とは思えない堂々とした演技を見せています。この度胸の良さもまた、原さんの魅力です。

『泥濘の食卓』での狂気的な演技が話題に

そして、大河と並行して放送中の『泥濘の食卓』では、女子高生・尾崎ちふゆを担当。ドラマは、日向坂46の齊藤京子さんが演じる主人公・捻木深愛がバイト先の店長と不倫関係となり、妻や息子に寄生していく「パラサイト不倫ドラマ」です。毒親も登場するなど個性の強いキャラクターが多い中で、「ちふゆ」は最も狂気をはらんだ登場人物として人気を集めます。
  そんな「ちふゆ」は、深愛の不倫相手である店長の息子、那須川ハルキ(櫻井海音)の幼なじみ。ハルキを一途に愛するがゆえにストーカー行為を繰り返し、自分だけに関心が向くようクラス中に「ハルキにレイプされた」とデマを流し学校で孤立させます。

その後も行為はエスカレートし、ハルキが深愛に好意を抱いていることを知りカッターで襲いかかる始末。ちなみに、この際「ちふゆ」はハルキから大けがを負わされますが、その騒動を黙っている代わりになんでも言うことを聞くように脅迫するサイコパスな役です。2人が付き合っている既成事実を作ろうと、カラオケボックスで半裸の写真を撮影し、「浮気したらSNSにこの写真をのせる」と、さらに脅迫のネタを作り出します。

モンスターストーカーとなった「ちふゆ」ですが、なにより原さんの狂気の演技が怖い。ハルキに甘えたかわいらしい表情を見せたと思えば、次の瞬間にはなにかに取りつかれたように鋭い目線で脅迫。感情がスイッチするような怪演を見せ、千姫とは全くキャラクターの違う「ちふゆ」を、抜群の表現力で演じています。

最終回に向け、この「ちふゆ」がさらに騒動を加速させるだけに、最後まで狂気の演技を堪能することができそうです。

王道恋愛映画が公開予定、今後の活躍にも注目!

今年に入って、重要な役を与えられ高い評価を受け続けている原さん。その魅力は声の良さとともに、どんな役でも自分の色に染められる才能にあります。

2024年3月15日には、宮世琉弥さんとダブル主演を務める映画『恋わずらいのエリー』の公開を控えます。この作品は王道恋愛映画で、原さん演じる市村恵莉子は「妄想大好き女子」。等身大の恋する女性を演じることになり、『どうする家康』『泥濘の食卓』とは全く違ったキャラクターとなります。
  まさに、演技の幅が広すぎる彼女だからこそ、演じることができる役柄となるでしょう。

ちなみに、原さんの事務所は「トライストーン・エンタテイメント」で、社長の小栗旬さんを筆頭に、田中圭さん、綾野剛さん、木村文乃さん、坂口健太郎さんと演技派ぞろい。テレビや映画業界の信頼が厚い事務所なので、原さんのさらなる大ブレークをマネジメントしてくれそうです。

常に進化を続け、2024年はさらに面白い演技を見せてくれそうな原さん。今後、最注目の女性俳優となりそうです。
 

この記事の筆者:ゆるま 小林
長年にわたってテレビ局でバラエティ番組、情報番組などを制作。その後、フリーランスの編集・ライターに転身。芸能情報に精通し、週刊誌、ネットニュースでテレビや芸能人に関するコラムなどを執筆。編集プロダクション「ゆるま」を立ち上げる。

最初から読む
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは