「13万の手取りではやっていけない」30歳女性、年収150万円。結婚するまで実家に暮らすと決めたが……

All About ニュース編集部は、現在実家暮らしをしている人を対象に、毎月の生活費や貯金額に関するアンケート調査を実施。本記事では宮崎県えびの市在住・30歳女性のエピソードを紹介します。

宮崎県えびの市在住・30歳女性のエピソード
宮崎県えびの市在住・30歳女性のエピソード
現在実家暮らしをしている人は、どのような経緯でその選択をしたのでしょうか。経済的な問題や自身の健康状態など、背景はさまざま。中には結婚を前に実家へ戻る人も。

All About ニュース編集部は、2023年9月11日~10月9日の期間、現在実家暮らしをしている人を対象にアンケート調査を実施。毎月の生活費や貯金額、実家暮らしをしている理由などを聞きました。

今回は、宮崎県えびの市在住・30歳女性のエピソードを紹介します。

回答者のプロフィール&実家の状況

回答者本人:30歳女性
在住:宮崎県えびの市
同居人数:両親、自分、妹
世帯年収:父親500万円、自分150万円、妹130万円
実家の間取り:一軒家2LDK
職業:事務員

生活費や貯金額は?

実家に入れている生活費:3万円
交際費:2万円
毎月のお小遣い:1万円
毎月の貯金額:2万円
貯金総額:100万円

総務省統計局が発表した「家計調査報告書 家計収支編(2021年)」によると、34歳以下女性の1カ月の平均消費支出は16万3767円です。そのうち、住居費の平均は3万8400円ですが、家賃などは地域や条件によって差が出てくるので、住居費を除いた12万円程度が回答者の属性に近い平均生活費ということになります。

回答者に、実家を出る予定について聞くと、「31歳で結婚するのでその時に家を出ようと思います」と回答しました。恋愛や結婚願望については「今婚約中です」と話しました。

「13万の手取りではやっていけない」

現在、実家暮らしを選択しているのは「少しでもお金を貯めるために結婚するまで実家に住んでます」と経済的な理由であることを回答。

「一人暮らしをしてると家賃光熱費生活費諸々かかってくるので、とても13万の手取りではやっていけない。結婚する間だけでもとお願いをしてその間にお金を貯めています」と詳細を語っています。

「もう社会人なので行動まで管理はされたくない」

実家に戻ることで、結婚資金もしくはその後の生活資金の貯蓄に努めているという回答者。

一方で、実家暮らしでの苦悩もあるようです。

「なかなか人を家に呼びづらかったり、夜中遊びに行きたい時には何歳になっても親から心配されたり、こんな時間に、など言われるので、ストレスが溜まります。もう社会人なので行動まで管理はされたくないなと思いました」と話しました。

実家暮らしをする上で、両親との関係は切っても切れないもの。子ども扱いされたくないという回答者の気持ちをよそに、親は回答者を心配しているようです。

しかし、実家暮らしをする上でのお金に関する悩みについて尋ねたところ「今は生活費3万円だけで済んでるので家賃光熱費食費を考えると凄く節約出来ています。貯金ができているので悩みは特にありません」と告白。

実家での苦悩や自身の給料事情には多少なりとも不満はあるものの、実家暮らし自体は将来に向けてプラスに作用している、と感じているようです。

※回答者のコメントは原文ママです

この記事の筆者:鎌田 弘 プロフィール
ニュース記事を中心に執筆中のライター。IT企業のメディア担当を経て現在に至る。All AboutおよびAll About ニュースでのライター歴は2年。
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も