「いつも大量にゴミが出る」30歳男性、販売職、年収200万円。実家暮らしの生活で抱える“意外な悩み”

All About ニュース編集部は、現在実家暮らしをしている人を対象に、毎月の生活費や貯金額に関するアンケート調査を実施。本記事では神奈川県川崎市中原区在住・30歳男性のエピソードを紹介します。

神奈川県川崎市中原区在住・30歳男性のエピソード
神奈川県川崎市中原区在住・30歳男性のエピソード
1人暮らしをする人もいれば、実家での生活を続ける人もいます。実家暮らしを続ける人の理由はさまざまですが、中には、実家の立地や街が好きで住み続ける人もいます。

All About ニュース編集部は、2023年9月11日~10月9日の期間、現在実家暮らしをしている人を対象にアンケート調査を実施。毎月の生活費や貯金額、実家暮らしをしている理由などを聞きました。

今回は、神奈川県川崎市中原区在住・30歳男性のエピソードを紹介します。

回答者のプロフィール&実家の状況

回答者本人:30歳男性
在住:神奈川県川崎市中原
同居人数:親1人、子ども4人(自分含む)
世帯年収:父親300万円、自分200万円
実家の間取り:3LDK
職業:販売

生活費や貯金額は?

実家に入れている生活費:5万円
交際費:3万円
毎月のお小遣い:0円
毎月の貯金額:0円
貯金総額:1万円

総務省統計局が発表した「家計調査報告書 家計収支編(2021年)」によると、34歳以下男性の1カ月の平均消費支出は15万2805円です。そのうち、住居費の平均は3万4179円ですが、家賃などは地域や条件によって差が出てくるので、住居費を除いた12万円程度が回答者の属性に近い平均生活費ということになります。

回答者に、実家を出る予定について聞くと「31歳を目処に」と回答。また、恋愛や結婚願望については「ない」と答え「恋愛したくないから」と話してくれました。

いい街で気に入っており、なじみがあるから実家を選択

現在、実家暮らしを選んでいる理由は「いい街だから」と回答。

「神奈川は関東の中でも住みやすく、ずっと住んでいるので馴染みがある。知り合いもいるしここに住みたいと思ったから。近くに川があるのも気に入っている。休日には川に行って過ごしている。これは他ではできない」と続けています。

生まれ育った街を気に入っているために実家暮らしを続けているそうです。特に困っていることがあるわけではないため、ポジティブに実家生活を送れていることが分かります。

ゴミが大量に出るので「ほとんどを業者に処分してもらっています」

とはいえ、実家暮らしでは“意外な部分”で苦労しているとのこと。

「ゴミが多いのでうんざりすること。いつも大量にゴミが出るので処分が大変です。自宅で焼却することもありますが、ほとんどを業者に処分してもらっています。ほこりも多いので大変です。いつかきれいにしたいですが、すぐには無理だと思います」と、説明してくれました。

また、実家暮らしでのお金の悩みについてもあるようで、「お金がすぐに無くなります」と告白しています。

街自体を気に入っているため、生活の拠点を実家にしている回答者。しかし、大人数での共同生活では多少なりとも悩みが発生するもの。

また、金銭的な悩みを解決するためにも、現状の経済事情を見直すことが大切になるのではないしょうか。

※回答者のコメントは原文ママです

この記事の筆者:鎌田 弘 プロフィール
ニュース記事を中心に執筆中のライター。IT企業のメディア担当を経て現在に至る。All AboutおよびAll About ニュースでのライター歴は2年。
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    スパイ映画は『007』だけじゃない。荒唐無稽?それともリアル?魅力にあふれたスパイ映画6作を選出

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    古い常識に縛られたおっさんが、ジェンダーやコンプラの前にアップデートすべき「昭和の価値観」3つ

  • どうする学校?どうなの保護者?

    どうする? 「PTA役員のなり手が見つからない」問題……何が役員の負担となっているのか

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】