46歳無職女性、仕事が長続きせず実家暮らし。「生活費は現金では入れていませんが…」生活の苦労とは

All About ニュース編集部は、現在実家暮らしをしている人を対象に、毎月の生活費や貯金額に関するアンケート調査を実施。本記事では兵庫県神戸市在住・46歳女性のエピソードを紹介します。

兵庫県神戸市在住・46歳女性のエピソード
兵庫県神戸市在住・46歳女性のエピソード
実家を生活の拠点にしている人は、どのような理由があるのでしょうか。親の介護や職場へのアクセス、自身の経済的事情など、さまざまな背景が考えられます。中には、1人暮らしをしたくてもできないという人も。

All About ニュース編集部は、2023年9月11~10月9日の期間、現在実家暮らしをしている人を対象にアンケート調査を実施。毎月の生活費や貯金額、実家暮らしをしている理由などを聞きました。

今回は、兵庫県神戸市在住・46歳女性のエピソードを紹介します。

回答者のプロフィール&実家の状況

回答者本人:46歳女性
在住:兵庫県神戸市
同居人数:親1人、自分
世帯年収:親不明、自分0円
実家の間取り:2LDK
職業:無職

生活費や貯金額は?         

実家に入れている生活費:なし
交際費:1万円
毎月のお小遣い:5000円
毎月の貯金額:現在はなし
貯金総額:約50万円

総務省統計局が発表した「家計調査報告書 家計収支編(2021年)」によると、35〜59歳女性の1カ月の平均消費支出は16万4749円です。そのうち、住居費の平均は2万5360円ですが、家賃などは地域や条件によって差が出てくるので、住居費を除いた14万円程度が回答者の属性に近い平均生活費ということになります。

回答者に、実家を出る予定について聞くと「どちらともいえない」とし、「出たいとは思っていますが、今のところはまだ決められておりません」回答。また、恋愛や結婚願望については「結婚はずっとしたいと思っている」と話しました。

「仕事が長続きせず、職を転々としていた」

現在、実家暮らしを選択している理由は「社会人になった頃からずっと実家を出たいと考えてはいましたが、仕事が長続きせず、職を転々としていたため、ずっとお金の不安があったこと」と告白。

1人暮らしをしたいという気持ちがあるものの、経済的な理由で実家での生活を選択しているようです。

一方で、「現在は親が体調不良でもあるため、1人にしてしまうのが心配だから」と親の健康面で不安があることも打ち明け、実家で生活する意義を明かしました。
 

「自分の人生を生きられてない自分を責めてしまう」

実家暮らしでは、親との共同生活を送ることに苦労あるようです。

「何をするにしても親から何かを言われたり、監視をされてしまうところがあり、自分の人生を生きられてない自分を責めてしまいがちなところがあります」と胸の内を告白。

「親も我慢してくれているとは思います」と考慮しながらも、「考え方や食事の好みも親と違うため、親に合わせようとしたり、意見がぶつかるのが嫌なので我慢しがちです」と共同生活での苦悩を吐露しました。

そのほかにも、実家暮らしをする上でお金に関する悩みについては「生活費は現金では入れていませんが、食費や日用品は自分が購入しているので、時々使いすぎてしまうところがあります」と話しています。

自身では金銭のコントロールが難しい時がある、と感じているようです。

※回答者のコメントは原文ママです

この記事の筆者:鎌田 弘 プロフィール
ニュース記事を中心に執筆中のライター。IT企業のメディア担当を経て現在に至る。All AboutおよびAll About ニュースでのライター歴は2年。
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「身長が193センチあるので……」日本大好きなニュージーランド人が、日本の電車で困っていることは?

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『先生の白い嘘』のインティマシー・コーディネーター不在を改めて考える。「入れれば万事OK」ではない