30歳女性、職業は「芸術家」。実家暮らしをするも年収30万円で生活費を入れられず、引け目を感じ…

All About ニュース編集部は、現在実家暮らしをしている人を対象にアンケート調査を実施。日々の生活費や将来のプラン、実家暮らしで苦労していることなどを聞きました。本記事では、静岡県静岡市在住・30歳女性のエピソードを紹介します。

静岡県静岡市在住・30歳女性のエピソード
静岡県静岡市在住・30歳女性のエピソード
社会人の中には、将来の夢や自分のやりたいことを優先し、実家暮らしをしている人もたくさんいます。

All About ニュース編集部は、2023年9月11日~10月9日の期間、現在実家暮らしをしている人を対象にアンケート調査を実施。毎月の生活費や貯金額、実家暮らしをしている理由などを聞きました。

今回は、静岡県静岡市在住・30歳女性のエピソードを紹介します。

回答者のプロフィール&実家の状況

回答者本人:30歳女性
在住:静岡県静岡市
同居人数:祖母1人、親2人、兄、自分
世帯年収:父親500万円、母親70万円、兄200万円、自分30万円
実家の間取り:1軒家8LDK
職業:芸術家

生活費や貯金額は?

実家に入れている生活費:なし
交際費:なし
毎月のお小遣い:1万円
毎月の貯金額:なし
貯金総額:1万円

総務省統計局が発表した「家計調査報告書 家計収支編(2021年)」によると、34歳以下女性の1カ月の平均消費支出は16万3767円です。そのうち、住居費の平均は3万8400円ですが、家賃などは地域や条件によって差が出てくるので、住居費を除いた12万円程度が回答者の属性に近い平均生活費ということになります。

回答者は「年収が増えれば実家を出たい」と考えているといいます。また現在、恋愛や結婚願望は「ない」といい、「自分がやりたいことで手一杯だから」と話しました。

実家暮らしは「金銭的な問題が大きい」

現在、実家暮らしを選んでいるのは「金銭的な問題が大きい」そうで、「収入が安定せず、加えて、収入が1人で生活できるほどに無いので実家の世話になっている」と告白。

「収入が増えて安定したら、広々仕事ができるように中古一戸建てを買うか、新築を建てたいと考えている」と、今後のプランについても語りました。

「友人たちは実家暮らしでも家に生活費を入れているが…」

職業を「芸術家」と明かしてくれた回答者ですが、実家暮らしでは「家族の声が大きい」ことに苦労しているようです。「静かに生活したいが、食事の際は家族が集まるのでなかなか大変」と、共同生活の悩みを明かしました。

「これまで学生時代に下宿暮らししていた際は、入浴後すぐお風呂を掃除して、翌日にお風呂場の汚れを持ち越さないようにしていたが、実家ではそうもいかず、お風呂場の汚れが気になる」と、衛生面での不満も。

また、実家暮らしをする上でお金に関する悩みを聞くと、「安定した職についている友人たちは実家暮らしでも家に生活費を入れているが、私はそうでは無いので、引け目を感じる」と回答。

やりたいことに専念するために実家暮らしを選んでいる回答者ですが、周囲と比較して引け目を感じることもあるようです。


※回答者のコメントは原文ママです
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた