「実家で死ぬまで暮らします」43歳男性、年収2000万円、貯金額は1億7000万円。毎月の生活費内訳は?

All About ニュース編集部は、現在実家暮らしをしている人を対象に、毎月の生活費や貯金額に関するアンケート調査を実施。本記事では大阪府大阪市城東区在住・43歳男性のエピソードを紹介します。

大阪府大阪市城東区在住・43歳男性のエピソード
大阪府大阪市城東区在住・43歳男性のエピソード
実家暮らしを選択している人には、あらゆる理由が考えられます。健康面、経済的な理由など、その事情は人によってさまざまです。中には、実家暮らしはデメリットよりもメリットの方がはるかに大きいと考える人も。

All About ニュース編集部は、2023年9月11日~10月9日の期間、現在実家暮らしをしている人を対象にアンケート調査を実施。毎月の生活費や貯金額、実家暮らしをしている理由などを聞きました。

今回は、大阪府大阪市城東区在住・43歳男性のエピソードを紹介します。

回答者のプロフィール&実家の状況

回答者本人:43歳男性
在住:大阪府大阪市城東区
同居人数:親2人、妹、自分
世帯年収:自分2000万
実家の間取り:1軒家5LDK
職業:自営業

生活費や貯金額は?

実家に入れている生活費:10万円
交際費:3万円
毎月のお小遣い:5万円
毎月の貯金額:100万円
貯金総額:1億7000万円

総務省統計局が発表した「家計調査報告 家計収支編(2021年)」によると、35~59歳男性の1カ月の平均消費支出は18万9753円です。そのうち、住居費の平均は2万9396円。ただし、家賃などは地域や条件によって異なるため、住居費を除いた約16万円程度が回答者の属性に近い平均生活費ということになります。

回答者に、実家を出る予定について聞くと「なし」とし、「親が死んでも相続して実家で死ぬまで暮らします」と回答。

また、恋愛や結婚願望については「ない」といい「もう結婚するつもりはありません」と話しました。

「結婚する気もないのでもう実家でいいかな」

現在、実家暮らしを選択している理由は「建物が広くてマンションを借りるより断然広くて快適だからです」と回答。

「結婚する気もないのでもう実家でいいかなと思っております。掃除洗濯もする必要がありませんので快適そのものです。晩御飯も用意してくれるので言うことないと思います」と続けています。

実家暮らしにはさまざまなメリットがあると感じている回答者。実際に、その恩恵を受けられており、実家暮らしが最適な判断だと感じているようです。

実家に入れる生活費は「私の収入からみれば点ぐらいの金額」

実家暮らしはメリットが多く、最適な選択であるとする一方で、苦労している面もあるようです。

「私は実家で仕事をしていますが稀に自室で電話中に親が入ってくるのが迷惑です。後は風呂の順番が決まっているので手際よく入らなければ次の人に迷惑がかかるのが難点です。トイレも稀ではありますが他の人が使用していて使えない時があるのが難点です」と、生活上での苦労を語りました。

回答者は家で仕事をしているため、家族と同居している環境でプライベートとの切り替えがしづらい点に悩みを抱えているようです。

また、実家暮らしでのお金に関する悩みについては「一応月10万円を実家に入れていますが、私の収入からみれば点ぐらいの金額なので負担という程ではありません」と、生活費に関する自身の思いを明かしました。

「受け取ってくれているのでホッとしています」と続け、同居する家族への感謝の気持ちをつづっています。

※回答者のコメントは原文ママです

この記事の筆者:鎌田 弘 プロフィール
ニュース記事を中心に執筆中のライター。IT企業のメディア担当を経て現在に至る。All AboutおよびAll About ニュースでのライター歴は2年。
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • アスリートの育て方

    3万円を手渡し「頑張って来いよ」。破天荒すぎる父が中学生だった元日本代表・城彰二に課した極貧サバイバル生活

  • どうする学校?どうなの保護者?

    いつの時代の話? 「登校付き添い」を求められ、仕事の断念や転校を迫られる母親たち

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望