「娘2人を私立に……」1200万円貯めた年収450万の50代女性、貯金をするために「やめたこと」

1000万円を貯めるとなると簡単なことではありません。お子さんの学費のためにお金を貯めたいと思っている人も多いはず。貯めるために、具体的に何をして何をやめたのか。All About ニュース編集部が実施したアンケート調査から、56歳女性のケースを紹介します。

年収450万、1200万円貯めた56歳女性が「やめたこと」とは
年収450万、1200万円貯めた56歳女性が「やめたこと」とは

10万円や100万円はともかく、1000万円を貯めるとなると簡単なことではありません。貯められた人は、どのような目標を立て、実行したのか気になりますよね。お子さんの学費のためにお金を貯めたいと思っている人も多いはず。


1000万円を貯めるために、具体的に何をして、何をやめたのか。All About ニュース編集部が実施したアンケート調査から、56歳女性のケースを紹介します。

回答者のプロフィール

回答者本人:56歳女性
家族構成:既婚(子どもあり)
居住地:香川県
職種:公務員
現在の年収:450万円
現在の貯蓄額:1200万円

50代で貯金1000万円以上ある人の割合は?

ちなみに50代で貯金が1000万円以上ある人は、どのくらいの割合いるのでしょうか。金融広報中央委員会が発表した「家計の金融行動に関する世論調査(令和4年)」によると、株式などを含めた金融資産保有額で、1000万円以上1500万円未満の人の割合は、全体では1人暮らしの人で7.3%、2人世帯以上で10.8%でした。

貯金1000万円以上ある人の割合
貯金1000万円以上ある人の割合

年代別で見ると、50代は1人暮らしの人で7.7%、2人世帯以上で11.6%となっています。


<出典>
「家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査](令和4年)」(金融広報中央委員会)
「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査](令和4年)」(金融広報中央委員会)

娘2人を私立大学に入れると仮定して貯金を始めた

貯金を始めたきっかけについて「娘が2人いるので、2人を私立大学に入れると仮定して、夫と2人節約しコツコツと貯金を始めました。目標は1500万円。始めたのは下の娘が生まれた25年程前です」と語る女性。


「2人の娘たちが県外の私立大学に通うという最もお金がかかるシチュエーションを念頭に、夫婦で話し合い、一生懸命に貯めました。貯金は習慣になり、娘たちが社会人になった今も節約、コツコツは続いてます」とのこと。10年以上かけて1000万円を貯めたそうです。

衝動買いをやめて増える貯金額を楽しみに

1000万円貯めるために「やめたこと」を聞くと「衝動買いです。悪い癖でしたが、目標達成のために決心しました」とのこと。


「やめると、ストレスがたまるのかと心配しましたが、あまり心配はありませんでした。むしろ、貯金額が増えることが楽しみに変わりました。夫は飲みに行く回数を減らし、家で飲む量も減らしました。電気、ガス、水道の付けっぱなし、使いすぎ、出しっぱなしもやめました」と答えてくれました。

実家に住むのはかなりのメリット

1000万円を貯めるために具体的に行ったことは「夫婦2人で正社員で働き続けることです。途中、私は軽いうつ病になって休職し、仕事を辞めようか悩んだ時期もありましたが復職しました。とにかくボーナスが二馬力だとすごくあるので」と語る女性。


「家は私の実家住まいをしていました。家賃やローンはかなりな重荷です。やがては自分たちの家になるので、実家に住むのはかなりのメリットでした。嫌な思いもしましたが、一緒に住むことで親孝行にもなりましたから、一石二鳥でした」と、実家に住むことが親孝行と節約につながったそうです。

1000万円達成! その後は……

すでに1200万円の貯金がありますが「娘たちは優秀で地元の国立大学に入学しました。自宅から通い、アルバイトも頑張ってくれましたので、一部はもちろん学費に使いましたが、残りは娘たちの結婚費用にあてるつもりです」と、お子さんの進路によってプランが変わったそうです。


「しかし、娘たちは親に頼らず結婚すると言っているので、残りは自分たちの老後資金になると思います。投資を勧められますが、これからもコツコツ貯めることを続けます」と、貯めていたお金は老後資金になったとのことでした。

おすすめの節約術は「お金を可視化させること」

おすすめの節約術を聞くと「ぜいたくをしなければ、働いていれば自然に貯まります。1番大切なのはしっかり稼ぎ、節約することです。そしてお金を可視化させることも重要です。つまり収支を明確にさせる家計簿です。レシートや領収書もきちんと保管して計算しましょう。簡単に言えば収入以上に支出しなければよいのです。まずは百万円を目標に。百万円貯まれば自信がつき、貯金が楽しくなります」と話してくれました。

※回答者のコメントは原文ママです
 

この記事の筆者:石川 カズキ
1984年沖縄県生まれ。筑波大学人間学類卒業後、会社員を経て芸人・作家・コピーライターに。エレキコミック・ラーメンズを輩出した芸能事務所トゥインクル・コーポレーション所属。第60回宣伝会議賞コピーゴールド受賞、LOFT公式YouTubeチャンネル『コントするイシカワくん』シリーズのコント台本・出演、KNBラジオCMコンテスト2020・2023協賛社賞受賞など。お仕事あればお気軽にご連絡ください。AIから仕事を奪うのが目標です。
 

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    性加害疑惑・伊東純也選手のプーマ広告が復活 「告発女性を逆に訴える」という対応はアリだったのか?

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴