35歳女性、接客業で年収200万円。母子家庭で実家に暮らす日々。毎月の生活費内訳は?

All About ニュース編集部は、現在実家暮らしをしている人を対象に、毎月の生活費や貯金額に関するアンケート調査を実施。本記事では茨城県牛久市在住・35歳女性のエピソードを紹介します。

茨城県牛久市在住・35歳女性のエピソード
茨城県牛久市在住・35歳女性のエピソード
実家暮らしを選ぶ理由は、人によってさまざま。健康状態、家族の介護、経済的問題など、あらゆる事情が考えられます。中には、子どもの生活を中心にすることで実家生活を選ぶ人も。

All About ニュース編集部は、2023年9月11日~10月9日の期間、現在実家暮らしをしている人を対象にアンケート調査を実施。毎月の生活費や貯金額、実家暮らしをしている理由などを聞きました。

今回は、茨城県牛久市在住・35歳女性のエピソードを紹介します。

回答者のプロフィール&実家の状況

回答者本人:35歳女性
在住:茨城県牛久市
同居人数:両親、自分、弟、自分の子ども
世帯年収:父200万円、自分200万円
実家の間取り:一軒家4LDK
職業:接客業

生活費や貯金額は?

実家に入れている生活費:5~6万円
交際費:約3万円
毎月のお小遣い:3万円
毎月の貯金額:月による
貯金総額:約100万円

総務省統計局が発表した「家計調査報告書 家計収支編(2021年)」によると、35〜59歳女性の1カ月の平均消費支出は16万4749円です。そのうち、住居費の平均は2万5360円ですが、家賃などは地域や条件によって差が出てくるので、住居費を除いた14万円程度が回答者の属性に近い平均生活費ということになります。

回答者に、実家を出る予定について聞くと、「良い物件が見つかり次第」とのこと。さらに、恋愛や結婚願望は「母子家庭ですがもう興味はありません」と話しました。

子どもの保育園&次に通う学校が実家から近いため

現在、実家暮らしをしている理由は「自分が遠方で仕事をしていて子供の保育園の送迎の時間が合わず祖母に送迎をお願いしているのと、これから子供が通う予定の学校が現在住んでいる家から近いため」と告白。

子どもの都合で実家暮らしを選択しているという回答者。続けて「実家から出るとすれば子供がもう少し大きくなって、もっと条件が良い物件が見つかるまではと考えています」とも話し、将来的には実家を出る考えもあることを明かしました。

実家暮らしでは「お互いに助かっているというような感じ」

また、実家暮らしで苦労していることを聞くと「今のところは特にありません」と回答しています。「家事や掃除などは親や兄弟と分担して行っているのでそういった点では苦労はないです」と、生活面では特に苦労していないことを話しました。

しかし「強いて言えば」と続け、「親や兄弟の生活リズムを邪魔しないように少し気を遣いながら暮らしていることです」と明かしています。

さらに、経済的な事情を聞くと「金銭面ではそれぞれで管理していて、何かあればお互いに協力し合うような感じです。光熱費や生活費は折半しているのでお互いに助かっているというような感じです」と回答しました。

子どもの世話のために実家での生活を送っている回答者。その生活に不満は特になく、順調に過ごせているそうです。さらに、経済面でも助け合えていることで、実家暮らしのメリットを大きく受けていると感じているようです。

※回答者のコメントは原文ママです

この記事の筆者:鎌田 弘 プロフィール
ニュース記事を中心に執筆中のライター。IT企業のメディア担当を経て現在に至る。All AboutおよびAll About ニュースでのライター歴は2年。
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    古い常識に縛られたおっさんが、ジェンダーやコンプラの前にアップデートすべき「昭和の価値観」3つ

  • どうする学校?どうなの保護者?

    どうする? 「PTA役員のなり手が見つからない」問題……何が役員の負担となっているのか

  • ヒナタカの雑食系映画論

    2024年の最新「LGBTQ+映画」5選。「第三の性」と尊ばれる実在のサッカー選手を描く映画も

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】