桐谷美玲、“ICL手術”から1年「見えることが当たり前になりすぎて」「超快適」と報告。「唯一感じたのは…」

俳優でモデルの桐谷美玲さんは、12月5日に自身のInstagramを更新。2022年に受けたICL(眼内コンタクトレンズ)の手術経過を語りました。コメントでは「レポありがとうございます」など、さまざまな声が上がっています。(サムネイル画像出典:桐谷美玲さん公式Instagramより)

俳優でモデルの桐谷美玲さんは、12月5日に自身のInstagramを更新。2022年に受けたICL(眼内コンタクトレンズ)の手術経過を語りました。
 

【実際の投稿:桐谷美玲、“ICL手術”の経過を語る!】

「こういう話を聞くと元気が出ます」

桐谷さんは「目のハナシ。ICLの手術をして早1年以上!」とつづり、自身の片目を手で覆うような写真1枚を載せています。続けて「最近はというと、見えることが当たり前になりすぎていて1年経ったことを忘れてたくらい 相変わらず、何も不具合なく超快適に過ごしてます!」と、手術後の経過を報告。どうやら順調のようです。

また、「術前に少し気がかりだったドライアイ、眩しさ、光の輪も全然大丈夫。唯一感じたのは、コンタクトしなくなったから玉ねぎのみじん切りが染みること」「いちいちメガネをかける煩わしさがなくて、心からICLやっていてよかったって思った!」と、現在の心境などを述べました。

コメントでは「玉ねぎが染みるようになったの共感です笑」「可愛すぎるー!!」「すごいなあ」「綺麗な目を大切にして下さい」「こういう話を聞くと元気が出ます」「レポありがとうございます」と、さまざまな声が上がっています。

2022年10月に術後1週間の経過を報告

桐谷さんは2022年10月24日、自身のInstagramで手術をして1週間後の経過を報告。視力が0.06から1.5に回復したことを明かしていました。今後の桐谷さんの経過報告にも注目ですね。
 

【桐谷美玲さんの写真集をチェック!】

次ページ
桐谷美玲さんの術後1週間の経過報告も読む!
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    Mrs. GREEN APPLE『コロンブス』炎上騒動の背景にも…? トガッたクリエイター暴走リスクとは

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    引退する「ドクターイエロー」。座席数、ねぐら、後継車両…実はあまり知られていない7つの秘密

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    「失礼なことを聞くようだけど……」外国人が不思議に思う、日本人女性の徹底した「白肌信仰」

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性