桐谷美玲、“ICL手術”から1年「見えることが当たり前になりすぎて」「超快適」と報告。「唯一感じたのは…」

俳優でモデルの桐谷美玲さんは、12月5日に自身のInstagramを更新。2022年に受けたICL(眼内コンタクトレンズ)の手術経過を語りました。コメントでは「レポありがとうございます」など、さまざまな声が上がっています。(サムネイル画像出典:桐谷美玲さん公式Instagramより)

俳優でモデルの桐谷美玲さんは、12月5日に自身のInstagramを更新。2022年に受けたICL(眼内コンタクトレンズ)の手術経過を語りました。
 

【実際の投稿:桐谷美玲、“ICL手術”の経過を語る!】

「こういう話を聞くと元気が出ます」

桐谷さんは「目のハナシ。ICLの手術をして早1年以上!」とつづり、自身の片目を手で覆うような写真1枚を載せています。続けて「最近はというと、見えることが当たり前になりすぎていて1年経ったことを忘れてたくらい 相変わらず、何も不具合なく超快適に過ごしてます!」と、手術後の経過を報告。どうやら順調のようです。

また、「術前に少し気がかりだったドライアイ、眩しさ、光の輪も全然大丈夫。唯一感じたのは、コンタクトしなくなったから玉ねぎのみじん切りが染みること」「いちいちメガネをかける煩わしさがなくて、心からICLやっていてよかったって思った!」と、現在の心境などを述べました。

コメントでは「玉ねぎが染みるようになったの共感です笑」「可愛すぎるー!!」「すごいなあ」「綺麗な目を大切にして下さい」「こういう話を聞くと元気が出ます」「レポありがとうございます」と、さまざまな声が上がっています。

2022年10月に術後1週間の経過を報告

桐谷さんは2022年10月24日、自身のInstagramで手術をして1週間後の経過を報告。視力が0.06から1.5に回復したことを明かしていました。今後の桐谷さんの経過報告にも注目ですね。
 

【桐谷美玲さんの写真集をチェック!】

次ページ
桐谷美玲さんの術後1週間の経過報告も読む!
Lineで送る Facebookでシェア ポスト はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ボーはおそれている』を見る前に知ってほしい「4つ」のこと。アリ・アスター監督が常に描くものは何か

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】

  • AIに負けない子の育て方

    市役所、銀行、大学まである…1日限りの”仮想の街”が美しが丘公園に出現! 横浜市発のキッズタウン

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    【近鉄本発売】女子鉄アナウンサー・久野知美は、なぜ人気? トークショーで分かった「愛される理由」