HIKAKIN、“20億円ハウス”の光熱費が1カ月16万円超え! 水道局員から「なんでこんなに使ってるんですか?」

YouTuberのHIKAKINさんが賃貸中の“20億円ハウス”1カ月分(夏)の光熱費を公表。「節約を心がける神は本当に尊敬」と話題に。(サムネイル画像出典:「HikakinTV」)

YouTuberのHIKIKINさんが12月5日、自身のYouTubeチャンネル「HikakinTV」で動画を更新。8月から賃貸で入居している“20億円ハウス”の光熱費を公表しました。
 

【実際の動画:HIKAKIN、“20億円ハウス”の光熱費に「高すぎ!」】

驚異の16万円超え! 恐るべし、“20億円ハウス”

光熱費を引き落としに設定しており、これまで各月の光熱費を把握していなかったと言うHIKAKINさん。今回の動画では「パンドラの箱開けていきたい」と話しています。「夏頃の封筒な気はする」と言うその封筒の中には、電気・ガス・水道それぞれの請求書があるようです。HIKAKINさんが夏場に支払った1カ月の光熱費は一体、いくらだったのでしょうか?
 

その額、なんと16万5935円! 内訳は電気代が12万2760円、水道代が3万8891円でガス代が4284円とのこと。「これ冬どうなるんだよ!」と思わず叫んでいます。また、HIKAKINさんは総務省が公表した2021年度の単身世帯における光熱費の平均値と、自身の支出状況を比較。すると、水道代は平均値である2228円の約17倍の料金と判明しました。対してガス代は平均値が3001円のところ、4284円とそこまで大きな開きはありませんが、電気代は平均値が5482円の約22倍と明かしています。

水道局員との裏話も披露

さらに、水道局へ電話で料金を問い合わせた際、「なんでこんなに使ってるんですか?」と言われたという裏話も披露。“20億円ハウス”は温水プールがあるので、水の入れ替えでこれほど高額になったようです。光熱費の料金を知ったHIKAKINさんは、「僕 マジで撮影の時以外節約していきますわ!」と、節約宣言もしました。
 

ファンからは、「儲かっていても節約を心がける神は本当に尊敬」「即節約を意識できるって大事」「維持できるのがすごい」「確定申告頑張ってー!」などの声が上がりました。ほかにも、「電球じゃなくてLEDにしたら消費電力抑えられて電気代節約できそう」という提案や、「水道代だけで家賃とほぼ変わらないのやばい」と驚きの声も寄せられました。
 

次ページ
HIKAKINさんの“20億円ハウス”動画をもっと見る!
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    スパイ映画は『007』だけじゃない。荒唐無稽?それともリアル?魅力にあふれたスパイ映画6作を選出

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    古い常識に縛られたおっさんが、ジェンダーやコンプラの前にアップデートすべき「昭和の価値観」3つ

  • どうする学校?どうなの保護者?

    どうする? 「PTA役員のなり手が見つからない」問題……何が役員の負担となっているのか

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】