清水DF高橋祐治、妻・元AKB48高城亜樹のSNSに誹謗中傷は「やめていただきたい」と呼び掛け

Jリーグ・清水エスパルス所属の高橋祐治選手は12月5日、自身のInstagramを更新。妻で元AKB48の高城亜樹さんへの誹謗(ひぼう)中傷はやめるよう呼び掛け、試合について振り返りました。(サムネイル画像出典:高橋祐治選手公式Instagramより)

Jリーグ・清水エスパルス所属の高橋祐治選手は12月5日、自身のInstagramを更新。妻で元AKB48の高城亜樹さんへの誹謗(ひぼう)中傷はやめるよう呼び掛けました。

【実際の投稿:高橋祐治、誹謗中傷はやめるよう呼び掛け】

「そこまで責任を背負い込まなくても大丈夫!」

高橋選手はまず「一年間応援ありがとうございました」と感謝の気持ちを述べ、続けて「まだ整理がついていない状況です」と現状について明かしています。2日に行われたJ1昇格が懸かった試合で、DFの高橋選手は相手FWにスライディングタックルをして反則を取られた結果、ペナルティーキック(PK)を与えてしまいました。試合は1対1の引き分けに終わり、悲願の昇格とはならず。

これに対し「今も最後の最後になぜあのプレーを選択したのか悔やんでも悔やみきれません」と、後悔の念をつづった高橋選手。「まだ切り替えるには時間がかかりますが、少しずつ来年に向けて切り替えていければと思います」とのことです。

さらに「※誹謗中傷ですが僕に送ってもらう分は大丈夫ですし、理解しております。ただ妻のSNSに送るのはだけはやめていただきたいです。よろしくお願いします」と、高城さんへの誹謗中傷はやめるように呼び掛けています。

コメントでは、「お疲れ様でした」「今年は悔しい結果になりましたが、来シーズン必ずJ1昇格しましょう!!」「ゆっくり休んでください」「サッカーはチームプレー 個人の責任ではありません」「昇格出来なかったのは残念だけど祐治だけの責任だけじゃないからそこまで責任を背負い込まなくても大丈夫!」「気持ちの入ったプレーは流石でした!」と、温かい声が多数寄せられました。

今シーズンはほぼフル出場

高橋選手は、2023年シーズンから清水エスパルスでプレーしています。今シーズンはほとんどの試合で先発出場し、その存在感を発揮していました。今回惜しくも悔しい結果に終わってしまいましたが、気持ちを切り替えて2024年シーズンも頑張ってほしいですね!
 
次ページ
高橋選手のほかの投稿も見る!
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    2024年の最新「LGBTQ+映画」5選。「第三の性」と尊ばれる実在のサッカー選手を描く映画も

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】

  • AIに負けない子の育て方

    市役所、銀行、大学まである…1日限りの”仮想の街”が美しが丘公園に出現! 横浜市発のキッズタウン

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    【近鉄本発売】女子鉄アナウンサー・久野知美は、なぜ人気? トークショーで分かった「愛される理由」