東海オンエア騒動のあやなん、「収入もほぼ無くて」と近況報告。「ごく普通の暮らしがしたかっただけ」と吐露

YouTuberのあやなんさんは12月3日、自身のXを更新。「今はただ見守って欲しいです」と近況報告をしました。(サムネイル画像出典:あやなんさん公式Xより)

YouTuberのあやなんさんは12月3日、自身のX(旧Twitter)を更新。近況報告をしました。

【実際の投稿:あやなん、近況報告ポストの全文を読む】

「自分を見つめられるいい機会になっています」

あやなんさんは「12月になったということで! 勝手に近況報告日記~」と書き始め、「現在のあたしたち家族はというと、あやなんポンスぷく丸は東京、旦那は岡崎で暮らしています! 頻繁に会ったりはしていません」と報告。

続けて「敵意や嫉妬を向けられて邪魔したり嫌味言ってくるような身近な人間に宣戦布告して決着をつけられた」と、おそらく東海オンエアのてつやさんに謝罪をしてもらった件について「後悔は一切ありません」と明かしました。しかし「とは言えこの1ヶ月間本当にいろんな感情が巡って旦那のことも毎日毎日考えて泣いたり笑ったり忙しく、自分が間違えていたと思う部分の行動や言動についても深く考えて今後に活かさないといけないなぁと黙々と考える日々でした」と、自身の行動を振り返り、いろいろと考えることも多かったようです。

また、夫で東海オンエアのしばゆーさんとの関係については「少し距離を置いてゆっくり冷静に頭冷やして自分を見つめられるいい機会になっています」「互いを怨み合ったりするような最悪の関係になった訳でも無い」「今は必要以上に接触せず刺激し合わないことがベスト」と明かし、「今はただ見守って欲しいです」と要望しました。一連の騒動を経て、互いに良い距離を保てる関係になったようです。

【こちらも読む→あやなん、事の真相を告発。東海オンエア10周年翌日に起きた出来事について語る。「さようなら最低リーダーてつや」

「自分の本音や直感を大事にする生き方をお勧めしたい」

さらに「余談ですが今は収入もほぼ無くて貯金を大切に使いながら生きてるんだけど元々節約するのが好きなので、スーパー行って『鶏肉高いなぁ...』『ドンキの方が安く買えるなぁ...』とか考えながら買い物するのが最高に楽しいです笑」と、現在の生活について明かしたあやなんさん。

そんな生活の中で、「あと私が今一人で考えていて心底思うのは、お金や人気や知名度なんて対して価値があるものではなくて、それよりも自分に合った人間関係の中にいたり自信を持って過ごせる環境に身を置くことの方がよっぽど価値のある事で幸せなんだなと感じています」と、今は悟りを開いたともいえる境地に立っているようです。

「今を生きている全ての人達に少しでも自分の本音や直感を大事にする生き方をお勧めしたいです。決して無理はしないで素直に過ごす事をして欲しい」とファンへ呼び掛け、さらに「私はきっとうーくんともただごく普通の暮らしがしたかっただけだったと思います。夫婦で協力してお金を大切に使ったり真っ直ぐに愛し合って誰にも邪魔されずに普通の家庭で居ることを心のどこかで望んでいたのかもしれないです」と、今まで気が付かなかった本心について言及しました。

あやなんさんは最近は日常生活についての投稿を再開し、子どもと一緒に写っている写真なども公開しています。今回のポストを読む限り、穏やかな気持ちで日々生活できるようになったのでしょう。あやなんさんの普段の生活が気になる人は、ぜひXやInstagramをチェックしてみてくださいね!

次ページ
あやなんさんの普段の投稿も見る!
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    港区女子は、なぜここまで嫌われる? 自活する女性から「おごられ」「パパ活」の代名詞になった変遷

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応