主演の演技が光っていると思うGP帯の秋ドラマランキング! 2位『パリピ孔明』、1位は?

主演俳優の個性が輝く「2023年秋ドラマ」。All About ニュース編集部は、ゴールデン・プライムタイム帯秋ドラマに関するアンケートを実施。主演の演技が光っていると思うドラマランキングを紹介します。(サムネイル画像出典:ドラマ『パリピ孔明』公式Instagram)

主演俳優の個性が際立つ作品が多い「2023年秋ドラマ」。ゴールデン・プライムタイム帯(21~22時放送開始)だけに注目しても、ゆるやかで自然で親しみを持ちやすいものもあれば、個性の塊を全力で主張するようなものまで、主演俳優の演技が作品を彩っています。

All About ニュース編集部は、10月23日~11月30日の期間、全国10~70代の246人を対象に、ゴールデン・プライムタイム帯の秋ドラマに関する独自アンケート調査を実施しました。今回はその中から、主演の演技が光っていると思うゴールデン・プライムタイム帯(GP帯)の秋ドラマランキングを紹介します。

>10位までの全ランキング結果を見る

第2位:パリピ孔明

2位は、水曜22時放送の『パリピ孔明』(フジテレビ系)でした。

原作:四葉夕卜さん、漫画:小川亮さんによる漫画の実写化作品で、「諸葛孔明が現代の渋谷によみがえる」というだけでもインパクトが強い本作。その諸葛孔明役を向井理さんが務めています。

孔明の回想による三国時代を垣間見るシーンでは、まるで歴史モノのドラマを見ているかのような楽しみ方もできる反面、渋谷という個性が光る街にもかかわらず、向井さんの高身長と現代では見ることのない武官服が合わさった圧倒的な存在感がインパクトを強めています。

回答者コメントからは、「向井理の原作キャラの再現度がすごい。孔明そのもの」(40代男性/大分県)、「歴史上の人物が現代に居たらという想像を駆り立ててくれる面白さを感じます」(40代女性/静岡県)という声がありました。

第1位:家政夫のミタゾノ 第6シリーズ

1位は、火曜21時放送の『家政夫のミタゾノ 第6シリーズ』(テレビ朝日系)でした。

2016年から放送されている大人気シリーズで、松岡昌宏さんが主役・三田園薫/ミタゾノさん役を務めています。寡黙で神出鬼没、何を考えているか分からない上に、なぜか女装をしているという謎だらけの人物で、普段の松岡さんからは想像できないような、イメージからかけ離れた演技も評価されています。

回答者コメントからは、「主人公のミタゾノさん役の松岡さんは男らしくかっこいいのに女性に変装していて上品な感じがいいと思いました」(20代女性/愛知県)、「最初から上手かったですがシリーズを重ねるごとに素晴らしい演技力だからです」(30代男性/神奈川県)という声がありました。

※回答者のコメントは原文ママです
次ページ
10位までの全ランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    スパイ映画は『007』だけじゃない。荒唐無稽?それともリアル?魅力にあふれたスパイ映画6作を選出

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    古い常識に縛られたおっさんが、ジェンダーやコンプラの前にアップデートすべき「昭和の価値観」3つ

  • どうする学校?どうなの保護者?

    どうする? 「PTA役員のなり手が見つからない」問題……何が役員の負担となっているのか

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】