無印良品限定「横浜銘菓」が再販! 神奈川37店舗+オンラインでしか買えないスイーツを食べてみた

2023年6月に神奈川県内の無印良品37店舗とオンラインのみで販売した「ミルクハーバー 丹沢大山茶」「丹沢大山茶ティーバッグ」が再販! 熟成茶葉使用でより風味豊かに。

2023年6月に神奈川県内の無印良品37店舗とオンラインのみで販売した丹沢大山茶シリーズが11月17日から再販。今回は「秋冬バージョン」として、熟成茶葉を使用しています。どのような味なのか試食させていただきました(画像は筆者撮影)。

「丹沢大山茶シリーズ」について

2023年11月17日より「丹沢大山茶」シリーズが再販
2023年11月17日より「丹沢大山茶」シリーズが再販

無印良品では、地域に根ざした取り組みを推進する組織として地域事業部を設置。地域の活性化や廃棄ロス削減などに向けた活動の1つとして、地域の生産者や加工会社と協力して独自の商品開発を行っています。

その一環として、横浜事業部では、神奈川の地域産品を横浜エリアの店舗で紹介・販売しています。今回の「丹沢大山茶シリーズ」もその1つ。

「ミルクハーバー 丹沢大山茶」と「丹沢大山茶ティーバッグ」
ミルクハーバー 丹沢大山茶(5個入り税込800円、単品160円)と丹沢大山茶ティーバッグ(秋冬バージョン)(7個入り 税込600円)

耕作放棄地の茶園の再生で生まれた「丹沢大山茶」を気軽に手にとってもらいたい、との思いから、無印良品と神奈川の茶畑再建に取り組む「茶来未(ちゃくみ)」、横浜銘菓・ハーバーでおなじみ「ありあけ」がタッグを組み、2023年6月、「ミルクハーバー 丹沢大山茶」「丹沢大山茶ティーバッグ」が誕生しました。どちらも1カ月ほどで完売となりました。

※商品開発の詳細は前回の記事をご覧ください。

熟成茶葉を使用、渋み&うま味がアップ

今回は、11月17日の「無印良品 港南台バーズ」のリニューアルに合わせて発売。

2023年6月の販売時は新茶を使った商品でしたが、今回は新茶の季節に摘んだお茶をひと夏、熟成させた熟成茶葉を使用しています。茶師が身体のリズムを考え、少し強めに焙煎した「秋冬仕上げ」となっているそうです。

次ページ
「ミルクハーバー 丹沢大山茶」食べてみた!
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    スパイ映画は『007』だけじゃない。荒唐無稽?それともリアル?魅力にあふれたスパイ映画6作を選出

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    古い常識に縛られたおっさんが、ジェンダーやコンプラの前にアップデートすべき「昭和の価値観」3つ

  • どうする学校?どうなの保護者?

    どうする? 「PTA役員のなり手が見つからない」問題……何が役員の負担となっているのか

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】