【無印良品×横浜ビール】「ハマクロカレー」を横浜限定発売! “ビールで作られたレトルトカレー”のお味は?

「横浜ビール」が、良品計画 横浜事業部、横浜市資源循環局と連携し、レトルト「ハマクロカレー」を発売。横浜産の食材をはじめ、「モルト粕」をスパイスやパッケージの原料としても使用しています。ビールとの相性抜群ですよ。

横浜ビール「ハマクロカレー」(レトルト、180g)

横浜の老舗ローカルビアカンパニー「横浜ビール」が、良品計画 横浜事業部横浜市資源循環局と連携し、資源循環と地域の魅力を生かしたレトルト「ハマクロカレー」を2023年4月21日に発売。なぜ横浜ビールがカレーを発売することとなったのか、資源循環とはどういうことなのか、無印良品 港南台バーズで発表会が開催されたので、その謎に迫ります(画像は全て筆者撮影)。

ローカルビアカンパニー「横浜ビール」について

左から発表会に登壇した横浜市資源循環局 3R推進課長 津島さん、良品計画 港南台バーズ 部門マネージャー相良さん、横浜ビール 広報担当横内さん
左から、発表会に登壇した横浜市資源循環局 3R推進課長 津島さん、良品計画 港南台バーズ 部門マネージャー相良さん、横浜ビール 広報担当横内さん

2023年で24年目を迎える、横浜で1番古いローカルビアカンパニー「横浜ビール」。クラフトビール醸造所を横浜市中区に構え、苦みの少ない飲みやすいビールから個性的なビールまで、飲む人の心に響くクラフトビールを醸造しています。近年は、「人と人を繋ぐビールで横浜の暮らしにワクワクを」をミッションに、街づくりにも積極的に取り組んでいます。

その活動の中で、地域事業者や住民と交流・連携を図りながらイベントや地域発の商品開発などにも取り組む「良品計画 横浜事業部」と出会い、「地域の魅力を地域で育てたい」という共通の取り組みや思いと、横浜ビール直営レストラン「驛(うまや)の食卓」でも定番メニューとして好評だったビールを使用したカレーを手軽に味わえるレトルトカレーを作りたいという思いが重なり、横浜市資源循環局と連携して「ハマクロカレー」を共同開発し、発売することになりました。

「ハマクロカレー」の「ハマクロ」とは?

横浜ビールの缶ビール「ハマクロ」(左)を使用したレトルト「ハマクロカレー」(180g、税込798円)
横浜ビールの缶ビール「ハマクロ」(左)を使用したレトルト「ハマクロカレー」(180グラム、税込798円)

ハマクロカレーの「ハマクロ」は、地元の人々に「自分たちのビール」として身近に楽しんでもらえるように、との思いから生まれた缶ビール。この「ハマクロ」に横浜のブランド豚「はまぽーく」を一晩漬けこみ、熟成させて仕上げたカレーです。

脂にクセがなくすっきりとした豚肉・はまぽーくとハマクロのコク、ハマクロの特長でもあるフルーティーな酸味がうま味と味わいを引き出しています。

「モルト粕」をスパイス、パッケージに使用

ビールを作る過程で廃棄されてしまうモルト粕(提供画像)
ビールを作る過程で廃棄されてしまうモルト粕(提供画像)

ハマクロカレーは、使用する調味料にもこだわっています。横浜生まれの清水屋ケチャップ岩井の胡麻油のほかに、クラフトビールを醸造する際に出る麦芽の搾りかす「モルト粕(かす)」をパウダー状にしたものを苦味のスパイスとして入れてあります。

通常、モルト粕は、脱水・乾燥させて焼却処分しています。横浜ビールでは、堆肥化する取り組みを行っていますが、今回は新たな取り組みとして、このモルト粕を混ぜ込んだアップサイクル再生紙「クラフトビールペーパー」をパッケージに使用しています。クラフトビールペーパーの製造は、その工程上、モルト粕の脱水・乾燥が不要でCO2排出削減にもつながり、モルト粕の再活用の新たな選択肢となっているそうです。

ほんのりビール色、ところどころに粕が残る あたたかみのあるクラフトビールペーパー
パッケージには、ほんのりビール色、所々に粕が残る、温かみのあるクラフトビールペーパーを使用

クラフトビールペーパーを製造しているのは、横浜のスタートアップ企業であるkitafuku(キタフク)。同社の松坂社長は「ハマクロカレーのためにイチから制作したオリジナルパッケージです。1枚1枚風合いが異なりますので、ぜひ手に取ってご覧ください」とコメントしています。

「ハマクロカレー」を食べてみた!

ハマクロカレー、食べてみた!

「ハマクロカレー」を試食させてもらいました。はまぽーくがゴロゴロと入っているのに驚きました。ひと口食べてみると、コクとフルーティーなうま味が口の中に広がります。ビールと一緒に楽しめるよう、辛味やスパイシーさは控えめ。もちろん「ハマクロ」との相性は抜群です。

ハマクロに漬け込んだ「はまぽーく」がゴロゴロ
ハマクロに漬け込んだ「はまぽーく」がゴロゴロ

横浜ビールの広報担当の横内さんは「何度も試作を重ね、約1年かけてようやく発売にこぎつけました。ぜひビールと一緒に味わってみてください」とコメントしています。

ハマクロカレーは、横浜ビール直営レストラン「驛(うまや)の食卓」(横浜市中区住吉町6-68-1)、横浜ビール通販サイトのほか、横浜市内の無印良品7店舗(港南台バーズ、そごう横浜、Colette・Mareみなとみらい、横浜ジョイナス、NEWoMan YOKOHAMA、無印良品500 星天qlay店、イオン金澤八景)で販売しています。価格は税込798円。



【おすすめ記事】

サウナー待望の「ハレタビサウナ」誕生! 街を歩けば“サ飯”に当たる横浜中華街で「ととのう」
横浜・山下公園に足湯が出現!? 朝から夜まで魅力あふれる「ザ・ワーフハウス 山下公園」オープン
「キリン横浜ビアホール」オープン! できたて直送ビールに合う料理には“3つのこだわり”が
横浜高島屋の屋上でビアガーデンがスタート! 疫病退散を願う獅子舞のステージも
横浜のおすすめビアガーデン! ハマ風を感じる人気スポット

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    佐久間大介“怪演”の映画『マッチング』が描く恐怖とは。同日公開ミステリー・サスペンス映画3作の魅力

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】

  • AIに負けない子の育て方

    市役所、銀行、大学まである…1日限りの”仮想の街”が美しが丘公園に出現! 横浜市発のキッズタウン

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    【近鉄本発売】女子鉄アナウンサー・久野知美は、なぜ人気? トークショーで分かった「愛される理由」