保有者の63%が「年収400万円未満」。ゴールドカードは“大衆化”の時代に?

NTTドコモは、全国15~79歳のゴールドクレジットカード保有者1613人を対象に、「全世代のゴールドカード保有・利用に関する調査」を実施しました。保有者の約6割が年収400万円未満で、保有者の約8割はポイ活に積極的なことが分かりました。

ゴールドカード
ゴールドカード保有者の6割が年収400万円未満?
NTTドコモは、全国15~79歳のゴールドクレジットカード(ゴールドカード)保有者1613人を対象に、「全世代のゴールドカード保有・利用に関する調査」を実施しました。調査期間は、2023年10月13~17日です。

ゴールドカードが大衆化? 保有者の約6割が年収「400万円未満」

個人年収
個人年収(n=1613人)
ゴールドカード保有者の個人年収に関して、最も多い回答は「200万円未満」で39.6%と約4割を占め、次いで「200万~400万円未満」が23.2%、「400万~600万円未満」が17.2%となりました。

ゴールドカードの保有者には、年収「400万円未満」の専業主婦(主夫)や学生も多く含まれており、ゴールドカードがより広い層に普及していることがうかがえます。一方、世帯年収では「200万~600万円未満」が42.4%を占め、ボリュームゾーンとなっています。

メインカードを選ぶ理由は? ステイタスより「ポイントや特典」を重視する傾向に

よく使っている理由
最も利用しているクレジットカードの「よく使っている理由」(n=617人)
メインカードの利用動機に関しては、「ポイントやマイルの還元率が高いから(48.6%)」が最多で、「ポイントやマイルの使い道が多く魅力的だから(42.3%)」が続く結果となりました。

また、初めてゴールドカードを持ったきっかけについては、「ポイントやマイルが貯まりやすいから(20.6%)」が最も多く、次いで「年会費に見合う特典が魅力的だから(17.3%)」となりました。一方で、「ステイタス感が魅力的だったから」と答えた人はわずか4.2%に。利用者は「ポイントや特典」を重視する傾向が強いことが分かります。

ゴールドカード保有者の約8割は「ポイ活」に積極的

ポイントやマイル
ポイントやマイルをどの程度積極的に貯めているか(n=617人)
ゴールドカード保有者の83.1%がポイントやマイルを積極的に貯めており、78.8%がポイ活(ポイントやマイルを貯める行為)を楽しんでいることが分かりました。また、78.2%はポイ活を家計の節約術と捉えているようです。

ゴールドカード利用者にとって、ポイントやマイルを貯めることはただの節約手段ではなく、楽しみの一部にもなっていることがうかがえます。最も保有されているゴールドカードは「dカード GOLD」で、保有者の約25.6%がこのカードを持っていると回答しました。
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    2024年の最新「LGBTQ+映画」5選。「第三の性」と尊ばれる実在のサッカー選手を描く映画も

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】

  • AIに負けない子の育て方

    市役所、銀行、大学まである…1日限りの”仮想の街”が美しが丘公園に出現! 横浜市発のキッズタウン

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    【近鉄本発売】女子鉄アナウンサー・久野知美は、なぜ人気? トークショーで分かった「愛される理由」