崎陽軒から「トマトチーズまん」が登場!トマトソースに彩り野菜とチーズがゴロゴロ【実食レポ】

横浜名物・シウマイでおなじみの崎陽軒から、2023年11月23日に「トマトチーズまん」が発売。イタリア料理“カポナータ”をイメージしたトマト味のあんが生地で包まれています。

蒸し器と電子レンジそれぞれで温め食べ比べ

ふんわり、もっちりとした生地
ふんわり、もっちりとした生地

筆者は2個買って、蒸し器と電子レンジそれぞれで温め、食べ比べてみました。蒸し器は15分、電子レンジは600ワットで1分(500ワットは1分10秒)温めます。

蒸し器で温めたものが、おいしいのは言うまでもないでしょう。生地はしっとり、ふんわり。思っていたほどトマトの酸味はなく、食べやすかったです。

電子レンジで温めたものも、蒸し器同様、生地はふんわり、もちもちしており、その違いは分かりませんでした。

あえて違いをいうなら、蒸し器のほうがトマトソースの香りをやや強く感じることでしょうか。蒸し器、電子レンジどちらもチーズはとろけることはなく、形を保っていました。

崎陽軒の中華まんは、常温タイプと冷凍タイプがあります。手軽に食べられるので、家に常備しておけば、朝食、おやつ、夜食などさまざまなシーンで活躍してくれそうです。

「トマトチーズまん」情報

価格:1個 税込230円、3個入 税込690円
販売期間:2023年11月23日より通年
消費期限:製造日含め10日
販売形態:常温
取扱店舗:神奈川・東京を中心としたおよそ160店舗、崎陽軒 通信販売
公式Webサイト:https://kiyoken.com/

この記事の執筆者:田辺 紫 プロフィール
神奈川県在住コピーライター。2001年2月より総合情報サイト「All About」で横浜ガイドを務める。2009年4月、第3回かながわ検定 横浜ライセンス1級取得。「横浜ウォッチャー」として、ブログ、SNSを運営。

最初から読む
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も