崎陽軒が“禁輸”で苦境の北海道産帆立を応援! 期間限定「帆立づくし弁当」に3種類の帆立のおかず

横浜名物シウマイでおなじみの崎陽軒が2023年11月11日より「帆立づくし弁当」を発売。北海道産帆立を応援する企画で「焼き帆立・帆立フライ・帆立のマヨソース」の3種が味わえます。

横浜名物・シウマイでおなじみの崎陽軒から「帆立づくし弁当」が2023年11月11日より発売。「焼き帆立」「帆立フライ」「帆立のマヨソース」の3種を一度に楽しめるお弁当を食べてみたので紹介します(画像は筆者撮影)。

「帆立づくし弁当」発売のきっかけ

「帆立づくし弁当」を食べて北海道産帆立を応援!
「帆立づくし弁当」を食べて北海道産帆立を応援!

中国が日本産水産物の輸入を停止した影響で、北海道産帆立が厳しい状況になっています。崎陽軒では、看板商品「昔ながらのシウマイ」の原材料として北海道オホーツク海産干帆立貝柱を使用しているつながりから、北海道産帆立応援企画を実施。その第1弾として11月11日から「帆立づくし弁当」を販売しています。

今後、第2弾として、11月20日より「北海道産の刺身用帆立貝柱(冷凍)1kg」を崎陽軒の通信販売限定、送料無料で発売。

さらに第3弾として、12月1日から崎陽軒本店をはじめとする各レストランで、北海道産帆立を使用したメニューをスタートする予定です。

北海道産帆立を使った3種類のメニューが楽しめる

帆立づくし弁当(税込1190円)
帆立づくし弁当(税込1190円)

「帆立づくし弁当」は、その名の通り、帆立が主役のお弁当。「焼き帆立」「帆立フライ」「帆立のマヨソース」の3種の帆立メニューに加え、帆立エキスを炊き込んだ茶飯が楽しめます。

旨味が口の中に広がる「焼き帆立」
うま味が口の中に広がる「焼き帆立」

「焼き帆立」は香ばしく、かみしめるごとに帆立のうま味が口いっぱいに広がります。

サクッとジューシーな「帆立フライ」
サクッとジューシーな「帆立フライ」

「帆立フライ」は衣はサクッと、中はジューシー。帆立そのものがおいしいので、あえてソースを付けていない理由が分かるはずです。

濃厚でまろやかな「帆立のマヨソース」
濃厚でまろやかな「帆立のマヨソース」

「帆立のマヨソース」は濃厚でまろやかな味わいがたまりません。ほろりとやわらかな帆立の食感も楽しめます。

どの帆立メニューも北海道産帆立そのものの素材の良さ、調理による食感の違いを実感できました。

帆立エキスを加えて炊き上げた「茶飯」
帆立エキスを加えて炊き上げた「茶飯」

帆立エキスを加えて炊き込んだ「茶飯」もうま味がたっぷり。トッピングされた北海道産昆布の佃煮との相性も抜群です。

「昔ながらのシウマイ」にも北海道オホーツク海産干帆立貝柱を使用
北海道オホーツク海産干帆立貝柱を使用している「昔ながらのシウマイ」は2個入っている

このほか、昔ながらのシウマイ(2個)や小松菜のおひたし、玉子焼き、筍煮、紅生姜も入っています。

「帆立づくし弁当」は事前予約をおすすめ

「帆立づくし弁当」は店頭にない場合があるので、事前に利用する店舗に問い合わせることをおすすめします。崎陽軒オンラインショップで店舗受取の予約も可能です。

販売期間は11月30日(予定)まで。「帆立づくし弁当」を食べることで、北海道産帆立を応援してみては。

「帆立づくし弁当」情報

価格:税込1190円
販売期間:2022年11月11日~30日(予定)
取り扱い店舗:神奈川・東京を中心とした崎陽軒約160店舗
公式Webサイト:崎陽軒



この記事の執筆者:田辺 紫 プロフィール
神奈川県在住コピーライター。2001年2月より総合情報サイト「All About」で横浜ガイドを務める。2009年4月、第3回かながわ検定 横浜ライセンス1級取得。「横浜ウォッチャー」として、ブログ、SNSを運営。

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」