「Z世代SNSトレンドグランプリ2023」タレント部門ランキング! 2位は「あの」、1位は?

企業向けSNSマーケティングの支援などを行う企業「テテマーチ」によるZ世代マーケ研究室「lookey(ルーキー)」が「Z世代SNSトレンドグランプリ2023」を発表。タレント部門の1位に輝いたのは?(サムネイル画像出典:あのさん公式Instagram)

2023年も残すところ、あと1カ月ほどとなり、この1年を振り返る機会も増えています。

そんななか、企業向けSNSマーケティングの支援などを行う企業「テテマーチ」によるZ世代マーケ研究室「lookey(ルーキー)」が「Z世代SNSトレンドグランプリ2023」を発表。

今年のSNSトレンドについて、19歳〜23歳のZ世代400名を対象に実施したアンケート調査の中から、「タレント部門」のランキング結果を紹介します。

>5位までの全ランキング結果を見る

第2位:あの

2位には、あのさんがランクイン。「あのちゃん」の愛称で知られる彼女は、2019年にアイドルグループ「ゆるめるモ!」を卒業後、2020年からソロ音楽活動を開始。2022年にリリースされた『ちゅ、多様性。』は、TikTokで一躍話題になりました。

音楽性だけでなく、彼女の独特なキャラクターも人気を呼び、2023年はテレビ番組やCMにも引っ張りだこ。最近では『NHK紅白歌合戦』への初出場が決まったほか、アニメ映画の声優に初挑戦することをSNSで報告するなど、2024年もその勢いは続きそうです。

第1位:新しい学校のリーダーズ

1位に輝いたのは、新しい学校のリーダーズでした! MIZYU、RIN、SUZUKA、KANONによる女性4人組ダンスボーカルユニット。

2020年に発表した楽曲『オトナブルー』の"首振りダンス"が、2023年に入ってTikTokをきっかけに話題となり、同年6月には再生回数が25億回を突破するなど大人気に。

トレードマークのセーラー服姿で、パワフルなダンスを披露する姿が熱い支持を集める彼女たちですが、その振り付けは全てメンバーで考えているのだとか。そんな彼女たちも『NHK紅白歌合戦』に初出場することが発表されており、そのパフォーマンスに注目が集まります。

※回答者のコメントは原文ママです

この記事の筆者:柿崎 真英 プロフィール
2019年よりフリーランスライター・エディターとして活動。月刊誌やニュースサイト編集者としてのバックグラウンドを持つ。現在はローカルメディアでの活動を中心に、エンタメ・トレンド記事なども執筆。
次ページ
5位までの全ランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    2024年の最新「LGBTQ+映画」5選。「第三の性」と尊ばれる実在のサッカー選手を描く映画も

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】

  • AIに負けない子の育て方

    市役所、銀行、大学まである…1日限りの”仮想の街”が美しが丘公園に出現! 横浜市発のキッズタウン

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    【近鉄本発売】女子鉄アナウンサー・久野知美は、なぜ人気? トークショーで分かった「愛される理由」