「Z世代SNSトレンドグランプリ2023」インフルエンサー部門ランキング! 2位は「のっく」、1位は?

企業向けSNSマーケティングの支援などを行う企業「テテマーチ」によるZ世代マーケ研究室「lookey(ルーキー)」が「Z世代SNSトレンドグランプリ2023」を発表。インフルエンサー部門の1位に輝いたのは?(サムネイル画像出典:YouTubeチャンネル「のっく」)

2023年も残すところ、あと1カ月ほど。この1年も、さまざまなことがありました。

そんななか、企業向けSNSマーケティングの支援などを行う企業「テテマーチ」によるZ世代マーケ研究室「lookey(ルーキー)」が「Z世代SNSトレンドグランプリ2023」を発表。

今年のSNSトレンドについて、19歳〜23歳のZ世代400名を対象に実施したアンケート調査の中から、「インフルエンサー部門」のランキング結果を紹介します。

>5位までの全ランキング結果を見る

第2位:のっく

2位には、のっくがランクイン。身長差33センチの大学生カップルとして、YouTubeやTikTokを中心に活動を行う2人組のインフルエンサーです。

彼氏の「りくさん」と彼女の「ののちさん」が普段の2人の生活を投稿し、人気を集めています。また、ののちさんは自身を、人懐っこく、素直な彼女を意味する“犬系彼女”と表現していることでも知られています。

そんなののちさんがUFOキャッチャーで目当てのものが取れずに泣いてしまう動画が、この夏大バズり! TikTokの元動画の再生数が1週間ほどで480万回超を記録しました。

第1位:ちょんまげ小僧

1位に輝いたのは、ちょんまげ小僧でした! 彼らは、現役中学生6人組によるYouTuber。

メンバーの一人、ひき肉さんの自己紹介あいさつである「ひき肉です」というフレーズが、TikTokやX(旧Twitter)で話題を集め、一躍有名になりました。

SNSでは、そのあいさつの言い方のインパクトと両腕を広げるポーズが「クセになる」と、数多くのオマージュが投稿。歌手のあのさんや俳優の佐野勇斗さん、Travis Japanのメンバーらにも浸透するほど大ブームとなりました。

そんな「ひき肉です/ちょんまげ小僧」は、『2023ユーキャン新語・流行語大賞』のノミネートワード30語にも選出されています。

※回答者のコメントは原文ママです

この記事の筆者:柿崎 真英 プロフィール
2019年よりフリーランスライター・エディターとして活動。月刊誌やニュースサイト編集者としてのバックグラウンドを持つ。現在はローカルメディアでの活動を中心に、エンタメ・トレンド記事なども執筆。
次ページ
5位までの全ランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    実写映画『アラジン』、アニメ版とはどう違う?作品をさらに魅力的にした「改変ポイント」5つを徹底解説

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    古い常識に縛られたおっさんが、ジェンダーやコンプラの前にアップデートすべき「昭和の価値観」3つ

  • どうする学校?どうなの保護者?

    どうする? 「PTA役員のなり手が見つからない」問題……何が役員の負担となっているのか

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】