恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」 第91回

グリーン車の利用価値は上がる? 東海道新幹線で「モバイルオーダーサービス」を使ってみた

2023年10月31日、東海道新幹線の車内ワゴン販売が終了し、11月1日から「モバイルオーダーサービス」が始まった。グリーン車限定のサービスだが、どんなサービスなのか。早速体験してきたので、グリーン車にお得に乗る方法と共に紹介しよう。

ホームの自動販売機および山陽新幹線の車内ワゴンサービス

自販機
「のぞみ」停車駅のホームに新たに設置されたアイスクリームとコーヒーの自販機
普通車の利用者のために、東海道新幹線の「のぞみ」停車駅の全てにコーヒーおよびアイスクリームの自動販売機が新たに設置された。車内ワゴン販売終了に伴う代替措置である。
山陽新幹線の車販
山陽新幹線を走る「のぞみ」車内では、現在でも温かいドリンクを車内で購入して飲むことができる
また、山陽新幹線(新大阪~博多)では、「のぞみ」に限り、引き続き車内ワゴン販売を行っている。この先いつまで続くのかは不透明ではあるが、今のところ新大阪で係員がワゴンとともに乗り込んでくるので、せいぜい利用したい。
 
この記事の筆者:野田隆
名古屋市生まれ。生家の近くを走っていた中央西線のSL「D51」を見て育ったことから、鉄道ファン歴が始まる。早稲田大学大学院修了後、高校で語学を教える傍ら、ヨーロッパの鉄道旅行を楽しみ、『ヨーロッパ鉄道と音楽の旅』(近代文芸社)を出版。その後、守備範囲を国内にも広げ、2010年3月で教員を退職。旅行作家として活躍中。近著に『シニア鉄道旅の魅力』『にっぽんの鉄道150年』(共に平凡社新書)がある。
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

連載バックナンバー

Pick up

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • ヒナタカの雑食系映画論

    R15+指定がされるほどのバイオレンスが「必要」だと思えた最新日本映画5選