「なんだこの美人姉妹」鈴木愛理、岡崎紗絵との“激アツ”な密着モデルショット公開! 「かわい過ぎ」

歌手でモデルの鈴木愛理さんが、11月21日に自身のInstagramを更新。俳優でモデルの岡崎紗絵さんと表紙を飾ったカバーショットを公開し、反響を呼んでいます。(サムネイル画像出典:鈴木愛理さん公式Instagramより)

歌手でモデルの鈴木愛理さんが、11月21日に自身のInstagramを更新。表紙を飾ったファッション誌『Ray』1月号(発行:DONUTS、発売:主婦の友社)のカバーショットを公開しました。

【実際の投稿:鈴木愛理、岡崎紗絵との表紙カット】

「2人のツーショットは最強すぎる!」

鈴木さんは「明日発売のRay1月号にて表紙務めさせていただきました しかも、 #さえあいり にて」とつづり、1枚の写真を投稿。俳優でモデルの岡崎紗絵さんと務めた同誌の表紙カットを公開しました。2人は頬をくっつけるほど密着して、色気が漂うクールな表情でカメラを見下ろしています。透明感のある美しさと色っぽさが際立つショットです。

ファンからは「なんだこの美人姉妹」「可愛すぎる!2人のツーショットは最強すぎる!」「愛理ちゃん、天使かと思った」「かわい過ぎ二人とも」「このふたりで表紙は激アツ」など、称賛の声が多く寄せられています。

モデルショットを多数投稿

鈴木さんは2015年から同誌の専属モデルを務めていて、これまでにもたびたびInstagramにモデルショットを投稿。2023年11月10日には「ぜんぶフィルムでの撮影だなんて、贅沢な日でした」と、フィルムカメラで撮られたモデルショットを公開していました。次の投稿も楽しみですね。
  【鈴木愛理さんの写真集をチェック!】
次ページ
11月10日に投稿したモデルショットも見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『先生の白い嘘』のインティマシー・コーディネーター不在を改めて考える。「入れれば万事OK」ではない