就活に失敗してアルバイト生活…年収200万の30代女性、400万の奨学金返済に「20代を無駄にした」

近年、学生時代に借りた金額の返済に追われるケースが多発している奨学金制度。この記事では、アンケートの回答から、就活に失敗し、アルバイトによってどうにか奨学金を完済した30代女性のエピソードを紹介します。

年収200万の30代女性
年収200万の30代女性の奨学金エピソード
学費や生活費を給付または貸与し、学生を助けるための奨学金制度。近年、学生時代に借りた奨学金の返済に追われるケースが多発しています。

All About ニュース編集部は、2023年7月26日~9月26日に、奨学金の利用経験がある人を対象としたアンケート調査を実施。奨学金制度を利用したきっかけや返済の不安、制度に対する意見などを伺いました。

今回は、アンケートの回答の中から、就活に失敗し、アルバイトによってどうにか奨学金を完済した30代女性のエピソードを紹介します。

回答者のプロフィール

回答者本人:30代女性
在住:兵庫県
家族構成:独身(子なし)
住居形態:持ち家(マンションなどの共同住宅)
職業:派遣社員
年収:200万円
現在の貯金額:550万円

回答者の奨学金の状況

借りた奨学金の種類:貸与型奨学金
返済状況:完済
奨学金で利用した金額(総額):400万円
奨学金の月々の返済額:2万3000円
奨学金以外に借入しているもの:特になし

独立行政法人日本学生支援機構が発表した令和2年度学生生活調査結果によると、大学では約半数にあたる49.6%の学生が奨学金制度を利用しています。

奨学金を借りた理由は「音楽大学進学」のため

大学進学を機に奨学金制度を利用した回答者。

奨学金を借りた理由を尋ねると、「音楽大学に行きたかったが年間200万円と学費が高く、楽器の練習や勉強もあるためバイトをたくさんする時間もなかったため奨学金を借りた」と話しました。

加えて、「返済額が月々2万3000円だったので社会人になれば返済できると思い借りた」と、比較的軽い気持ちで制度を利用した当時の心境を告白。続いての回答では、想像以上に辛かった奨学金返済の実情を語っています。

食費や被服費すら切り詰める日々「返済がなければ服を自由に買えるのに…」

回答者は、奨学金を返済していた当時の状況について「月々2万3千円程度なら社会人になれば苦痛でないと思ったが、就職活動に失敗しアルバイトをしていたためしばらくは生活がきつかった」と言及。

「奨学金の返済がなければ服を自由に買えるのに…となんども思った。また返済までに25年かかるというのが意外と長いなと思った」「食費などは節約していた。アルバイト先には自分でつくったお弁当を持って行ったりお茶をつくって持って行ったりしていた」と、返済によって被服費や食費を切り詰めていた過去を明かしました。

正社員就職できず「いろいろ経験できる20代の時期に苦しめられた」

就職活動に失敗し、望まないアルバイト生活に陥ったと話す回答者。

予定よりも短い7年で奨学金を完済できた一方で、「会社で働けば20万円くらいもらえるだろうと思って安易に奨学金を借りた」と、計画がうまくいかずに苦しんだことを打ち明けました。

加えて、「20代といういろいろ経験できるであろう時期に奨学金の返済に苦しめられたのはつらかった」と、20代の時期の行動が奨学金返済によって制限された苦しみを告白しています。

「給付型の奨学金をもっと増やすべき」

現行の奨学金制度に対する思いを聞くと、回答者は「奨学金はとても助かる制度ではあるが、返済に苦労する話をたくさん聞く」「返済の仕方ももっと長期間にして月々の負担がなくなるように工夫が必要と、返済システムを見直し、改善してほしい旨を述べました。

アンケートの最後には、「何か学習したいという方(特に若い人)のために給付金型の奨学金をもっと増やすべきだと思う」と返済不要の奨学金制度の増加を期待する声も。返済によって苦しむ人を減らすために、国には制度の早急な見直しが求められています。

※回答者のコメントは原文ママです

この記事の筆者:三山 てらこ
横浜生まれ横浜育ち。グルメと深夜ラジオを愛するライター。FP2級。銃弾を防ぐ少年団と、ポケットに入るモンスターも大好き。最近の悩みはアイスの買い置きが一瞬でなくなってしまうこと。X(旧Twitter):てらこ@ライター(@TeraWEB1)
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    古い常識に縛られたおっさんが、ジェンダーやコンプラの前にアップデートすべき「昭和の価値観」3つ

  • どうする学校?どうなの保護者?

    どうする? 「PTA役員のなり手が見つからない」問題……何が役員の負担となっているのか

  • ヒナタカの雑食系映画論

    2024年の最新「LGBTQ+映画」5選。「第三の性」と尊ばれる実在のサッカー選手を描く映画も

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】