年収100万円未満の女性、400万円の奨学金返済の苦悩「しんどい」「生活だけで精いっぱい」

学費や生活費を補助する仕組みである一方で、学生時代に借りた奨学金によって苦しむ人が後を絶たない奨学金制度。今回は、編集部がアンケートで集めた回答から、奨学金400万円の返済に苦しむ年収100万円未満の20代女性のエピソードを紹介します。

年収100万円未満の女性
年収100万円未満の女性の奨学金エピソード
大学や大学院に通う学生を助けるための奨学金制度。学費や生活費を補助する大切な制度である一方で、学生時代に借りた奨学金によって苦しむ人が後を絶ちません。

All About ニュース編集部は、2023年7月26日~9月26日にかけて、奨学金の利用経験がある人を対象にアンケート調査を実施。奨学金制度を利用したきっかけや返済の不安、現行制度に対する意見などを伺いました。

今回は、アンケートで集めた回答の中から、奨学金400万円の返済に苦しむ年収100万円未満の20代女性のエピソードを紹介します。

回答者のプロフィール

回答者本人:20代女性
在住:岡山県岡山市
家族構成:独身(子なし)
住居形態:賃貸
職業:その他
年収:97万円
現在の貯金額:15万円

回答者の奨学金の状況

借りた奨学金の種類:給付型・貸与型(併用)
返済状況:現在も返済中
奨学金で利用した金額(総額):400万円
奨学金の返済残高:150万円
奨学金の月々の返済額:2万5000円
奨学金以外に借入しているもの:特になし

独立行政法人日本学生支援機構が発表した令和2年度学生生活調査結果によると、大学では49.6%の学生が奨学金を利用しています。

奨学金を借りた理由は「学費だけでなく引っ越し代や家賃を支払う」ため

大学への入学を機に奨学金を利用した回答者。「特に最初の入学金など貯金が少なかったため1度まとまったお金を払うと残りの貯金がないという状況でした」と、入学のための資金がほとんどなかった当時の経済状況を語りました。

加えて、「大学の学費だけでなく家の引っ越し代や家賃を支払うことに不安があり生活費のためにも借りることを決意しました」と、引っ越し代や家賃の負担も利用のきっかけになったと告白。大学進学にかかる多額の費用によって苦しんだ過去を明かしています。

返済に追われて貯金できない現状「奨学金さえなければ」

奨学金の返済に関する苦悩を尋ねると、回答者は「貯金することができないということです。今も生活するのに精いっぱい何ですが、奨学金を返済することによってかなり負担を感じます」と話しました。

さらに、「奨学金さえなければ、と考えてしまう時があるのでとてもしんどいです」「本当に返済をすることができるのだろうか、という不安があります」と、奨学金によってかかる心理的負荷に言及しています。

回答者は、「固定費が多くならないように家を探す時に家賃や管理費などを重視して選びました」「アルバイトを複数掛け持ちして収入源を増やしています」とも話しており、奨学金返済のために努力を重ねているとのこと。それでも、奨学金の完済にはまだ長い道のりが続いています。

「奨学金を借りることは借金と同じ」もっと学生へ啓発を

「返済することをきちんと考えていなくて後悔しました」「お金がなければ奨学金を借りればいいや、など気軽に思って今後悔している」と、奨学金を借りた過去への悔いを明かした回答者。

政府や教育機関に対しては、「奨学金を借りることは普通に借金をするということと同じ、ということをもっと学生に知らせるべきだと思います」と意見を述べました。

給付型と貸与型があり、成績や経済状況によって利用可否が決まる奨学金制度。政府には、条件を問わず全ての学生が平等に教育を受けられる仕組みの構築が求められています。

※回答者のコメントは原文ママです

この記事の筆者:三山 てらこ
横浜生まれ横浜育ち。グルメと深夜ラジオを愛するライター。FP2級。銃弾を防ぐ少年団と、ポケットに入るモンスターも大好き。最近の悩みはアイスの買い置きが一瞬でなくなってしまうこと。X(旧Twitter):てらこ@ライター(@TeraWEB1)
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「身長が193センチあるので……」日本大好きなニュージーランド人が、日本の電車で困っていることは?

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『先生の白い嘘』のインティマシー・コーディネーター不在を改めて考える。「入れれば万事OK」ではない