手取り15万円で奨学金800万の返済、過去の苦悩を語る30代男性「心が折れそうになった」

身近な制度である一方で、近年そのデメリットが浮き彫りになってきている奨学金制度。この記事では、編集部が実施したアンケートの回答を基に、手取り15万円時代に奨学金の返済に苦しみ、結婚生活への不安も抱える30代男性のエピソードを紹介します。

30代男性の奨学金エピソード
30代男性の奨学金エピソード
経済的困難を抱える学生や成績優秀な生徒を支援する奨学金制度。大学では約半数の学生が利用する身近な制度である一方で、近年そのデメリットが浮き彫りになってきています。

All About ニュース編集部は、2023年7月26日~9月26日にかけて、奨学金の利用経験がある人を対象としたアンケート調査を実施。奨学金制度を利用した理由や返済にまつわる不安、現行制度への思いなどを伺いました。

今回は、アンケートで得られた回答の中から、手取り15万円時代に奨学金の返済に苦しみ、現在は結婚生活への不安を抱える30代男性のエピソードを紹介します。

回答者のプロフィール

回答者本人:30代男性
在住:大阪府堺市
家族構成:独身(子なし)
住居形態:賃貸
職業:正社員
年収:約450万円
現在の貯金額:約50万円

回答者の奨学金の状況

借りた奨学金の種類:貸与型(大阪府育英会・日本学生支援機構)
返済状況:現在も返済中
奨学金で利用した金額(総額):800万円
奨学金の返済残高:400万円
奨学金の月々の返済額:約2万3000円
奨学金以外に借入しているもの:特になし

独立行政法人日本学生支援機構が発表した令和2年度学生生活調査結果によると、大学では49.6%の学生が奨学金を利用。

また、令和2年度に大阪府育英会の奨学資金貸付を利用した高校生の割合は、大阪府全体の約1割となっています。(参照:大阪府育英会 中期経営計画令和2年度学校基本調査

私立高校への進学を機に奨学金を利用

高校時代から奨学金を利用していた回答者。奨学金を借りた経緯について、「私立高校に入学の為に大阪府の育英会より奨学金の貸与と大学に入学するため日本学生支援機構より奨学金の貸与を受けました」と話しました。

また、「いずれも家庭が裕福ではないため奨学金に頼らざるを得ない状況であったための貸与となります」と、家庭の経済状況についても言及。

私立高校や大学の費用が大きな負担であったことを明かしています。

手取り15万円での奨学金返済、心が折れそうに「何のために働いているのか」

現在は転職して状況が変わったものの、回答者の手取りはかつて15万円だったそう。「手取り15万円で家賃・水道光熱費などの支払いでかつかつでした。正直趣味に使うお金もなく毎月何のために働いているのかと心が折れそうでした」と、過去の苦い経験を述べました。

また、「将来を考えることができるパートナーと出会え、結婚を控えておりますがまだまだ奨学金を抱えている状況になります」「月々2万3000円の支払いは家庭を支えていくには非常に重たく簡単に返せる額ではないため常々後悔をしています」と、結婚を考えている現在、奨学金の返済が非常に重荷になっている事実を語っています。

結婚にまで不安をもたらす奨学金「返済額の変更ができる制度が必要」

現行の奨学金制度に対する思いを尋ねると、男性は「年収に応じた段階的な返済額の変更ができる制度が必要ではないかと思います」と回答。

「自分だけで生活をするのであれば問題はないとは思います」「それなりの企業に勤めることができたのであれば、実家暮らしであれば返済は一定楽かもしれませんが」と話しつつ、「奨学金という名の借金であり、初任給の段階で月々2万円以上の返済は相当厳しいです」と社会人生活の早期から多額の返済を求める制度への苦言を呈しました。

※回答者のコメントは原文ママです

この記事の筆者:三山 てらこ
横浜生まれ横浜育ち。グルメと深夜ラジオを愛するライター。FP2級。銃弾を防ぐ少年団と、ポケットに入るモンスターも大好き。最近の悩みはアイスの買い置きが一瞬でなくなってしまうこと。X(旧Twitter):てらこ@ライター(@TeraWEB1)
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「身長が193センチあるので……」日本大好きなニュージーランド人が、日本の電車で困っていることは?

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『先生の白い嘘』のインティマシー・コーディネーター不在を改めて考える。「入れれば万事OK」ではない