奨学金を親が勝手に使用。年収100万の20代女性「親に管理を任せず自分でしていれば…」

近年、奨学金によって進学を実現できたものの、就職後に返済に追われて苦しむケースが多発しています。今回は、アンケートで集めた回答をもとに、奨学金を満額利用したにもかかわらず「なぜか学費の滞納督促がきた」20代女性のエピソードを紹介します。

年収100万の20代女性
年収100万の20代女性のエピソード
経済的な事情で進学が困難な学生や、優秀な成績を収めた生徒の学費を支援する奨学金制度。奨学金によって進学を実現できたものの、就職後に返済に追われて苦しむケースが多発しています。

All About ニュース編集部は、2023年7月26日~9月26日の期間に、奨学金の利用経験がある人を対象としたアンケート調査を実施。奨学金を利用した理由や返済の不安などを伺いました。

今回は、アンケートで集めた回答の中から、奨学金を満額利用したにもかかわらず「なぜか学費の滞納督促がきた」と話す20代女性のエピソードを紹介します。

回答者のプロフィール

回答者本人:20代女性
在住:愛知県津島市
家族構成:既婚(子あり)
住居形態:持ち家(戸建て)
職業:その他
年収:100万円
現在の貯金額:25万円

回答者の奨学金の状況

借りた奨学金の種類:1種(無利子)・2種(有利子)
返済状況:現在も返済中
奨学金で利用した金額(総額):満額
奨学金の返済残高:不明
奨学金の月々の返済額:3万5000円

奨学金を利用した理由は「父親の収入しかなかったから」

回答者は、大学進学をきっかけに奨学金を借りたとのこと。

詳しい経緯を聞くと、「高校時代バイトが禁止されており、自分自身の貯蓄も無かったため。兄弟が多いが、父親の収入しか無かったために賄えないと判断したため」と答えました。

また、「大学へ進学するには、奨学金を借りなければ合格しても入学出来ない経済状況だったため」と当時の経済状況を告白。大学入学の資金を家庭内では賄えなかったことを明かしています。

親に奨学金の管理を一任「使途が不明な時期があった」

奨学金の第1種と第2種の満額を利用したものの、管理は全て親に任せていたと話す回答者。

「全て親が管理していたので学費の滞納督促が来たことがあり、奨学金の使途が不明な時期があった」と、奨学金を借りていたにもかかわらず学費が支払われていなかった事実を打ち明けました。

加えて、「自分が進学するために借りたが、満額借りる必要はそんなに無かったのかなと思う」「お金の知識をもう少し持っていれば自分で奨学金の管理等も出来たはず」と、金融の知識が不足していたために奨学金を満額利用し、後悔していると話しました。

「勉強するためにこんなにも多額の借金を背負わなければならないのか」

回答者に現行の奨学金制度への思いを尋ねると、「本当に勉強したい人が家庭の経済事情によって勉強出来ないこともある。そういう時に活躍するのが奨学金だと思うが、学卒後、院卒後、多額の借金を背負ってそれの返済のために働かなければいけないのはおかしいと思う」と、返済のために苦しむ人が生じる現在のシステムへの疑問に言及。

「勉強するためにこんなにも多額の借金を背負わなきゃ、やりたいことすらやれない国であるということがそもそも不安です」と、人権の一種である教育に対して借金を迫る国の体制に、率直な問いを投げかけました。

※回答者のコメントは原文ママです

この記事の筆者:三山 てらこ
横浜生まれ横浜育ち。グルメと深夜ラジオを愛するライター。FP2級。銃弾を防ぐ少年団と、ポケットに入るモンスターも大好き。最近の悩みはアイスの買い置きが一瞬でなくなってしまうこと。X(旧Twitter):てらこ@ライター(@TeraWEB1)
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    港区女子は、なぜここまで嫌われる? 自活する女性から「おごられ」「パパ活」の代名詞になった変遷

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応