「親のために借りたのに」年収300万円の30代女性、奨学金返済の遅れで親が親戚に連絡「恥ずかしいしつらかった」

経済的困難を抱える学生や成績優秀な生徒を対象とした奨学金制度。この記事では、All About ニュース編集部が実施したアンケート調査の回答から、家の経済事情を気遣って奨学金が出る進学先を選んだ30代女性のエピソードを紹介します。

奨学金を受け取れる進学先を選んだ30代女性のエピソード
奨学金を受け取れる進学先を選んだ30代女性のエピソード
経済的困難を抱える学生や成績優秀な生徒を対象とした奨学金制度。最もポピュラーな日本学生支援機構以外の奨学金も多数運用されており、大学だけでなく、高校への通学においても利用できる制度です。

All About ニュース編集部は、2023年7月26日~9月26日の期間に、奨学金を利用したことがある人を対象としたアンケート調査を実施。奨学金を借りた理由や返済にまつわる不安などを伺いました。

今回は、家の経済事情を気遣い、奨学金を受け取れる進学先を選んだ30代女性のエピソードを紹介します。

回答者のプロフィール

回答者本人:30代女性
在住:東京都調布市
家族構成:既婚(子なし)
住居形態:賃貸
職業:派遣
年収:300万円
現在の貯金額:700万円

回答者の奨学金の状況

借りた奨学金の種類:貸与型奨学金
返済状況:完済
奨学金で利用した金額(総額):約65万円
奨学金の月々の返済額:まとめて支払った
奨学金以外に借入しているもの:特になし

文部科学省が発表した「高校生等の就学支援に関する参考資料 平成29年5月」によると、都道府県の実施する貸与型奨学金事業を利用している高等学校の生徒の割合はわずか4.3%でした。

「親に金がないと言われ」奨学金を目的に進学先を選択

大学や大学院に通う学生が利用できる奨学金に比べ、まだマイナーな高等学校の奨学金。

高校で奨学金を利用した理由を尋ねると、回答者は「親に金がないと言われ続けたせい。高校に行くのにも金銭的に、親に頼りたくなかったので推薦で奨学金が出る高校で選んで入りました」と、親を気遣った過去を述べました。

しかし、「奨学金があれば親に楽させてあげられると思ったけど、親はお金があれば自分の欲しいものに使いたいひとだったので後から思えば意味はなかった」「正直、親のためとおもっていろいろ諦めてしまったが、結局親は変わらなかったので利用しても意味がなかったんだと思った」と、親に対して現在抱いている複雑な心境も告白しています。

返済遅れで親戚にも連絡が「恥ずかしいしつらかった」

なかなか返済が進まず、最終的にはまとめて奨学金を返した回答者。

当時について「社会人になって、やっとお金を自由に使えるようになったのに、学費を払うのに消えていくのは悲しく思った。利息とかもないし少し遅れてもいいか、、と思い返済が遅くなると親戚にまで連絡がいくこともあって、恥ずかしいしつらかった」と苦い思いを語りました。

続けて、「私は幸いにも、学校を卒業して正社員で就職先が見つかったので、一応は返済できる環境だったけれど、職に就いていない人はとても不安だと思います。正社員でもお給料によっては返済がきついと思うし借金しているのは気分的にも不安だった」と、その他の奨学金利用者を心配する思いを告白。

給料の多寡にかかわらずのしかかる奨学金の負担を懸念しています。

「高校の授業料を免除してほしい」

アンケートの後半、回答者は「高校はもはや必須となっていた時代だったので(今もですが)高校生までは義務教育として授業料は免除にしてほしい」と、高校の授業料を無償化してほしいとの願いを明かしました。

また、「どうせなら、大学まで奨学金で入ってもっといい企業に就職できていたら人生変わっていたのかなとも思う」と、進路選択への後悔にも言及。

奨学金制度の有無や家庭の経済状況によって進路が狭まることのないよう、政府にはさらなる対応が求められています。


※回答者のコメントは原文ママです

この記事の筆者:てらこ
横浜生まれ横浜育ち。グルメと深夜ラジオを愛するライター。FP2級。銃弾を防ぐ少年団と、ポケットに入るモンスターも大好き。最近の悩みはアイスの買い置きが一瞬でなくなってしまうこと。X(旧Twitter):てらこ@ライター(@TeraWEB1)
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」