年収100万円の20代女性、奨学金240万円に後悔「周りの友達も借りてるからと安易に…」

大学生の約半数が利用している奨学金制度。この記事では、All About ニュース編集部が実施したアンケートの結果をもとに、奨学金を安易に利用してしまったと後悔している20代女性のエピソードを紹介します。

奨学金を安易に利用してしまったと語る20代女性のエピソード
奨学金を安易に利用してしまったと語る20代女性のエピソード
大学生の約半数が利用している奨学金制度。学生のために用意された制度である一方で、多額の奨学金の返済に思い悩む人が後を絶ちません。

All About ニュース編集部は、2023年7月26日~9月26日に、奨学金の利用経験がある人を対象としたアンケート調査を実施。奨学金の返済に関する不安や工夫、現行の制度に対する思いなどを伺いました。

今回は、アンケートで得られた回答の中から、奨学金を安易に利用してしまったと語る20代女性のエピソードを紹介します。

回答者のプロフィール

回答者本人:20代女性
在住:神奈川県藤沢市
家族構成:独身(子なし)
住居形態:賃貸
職業:パート・アルバイト
年収:100万円
現在の貯金額:150万円

回答者の奨学金の状況

借りた奨学金の種類:貸与型奨学金
返済状況:現在も返済中
奨学金で利用した金額(総額):240万円
奨学金の返済残高:150万円
奨学金の月々の返済額:3万円
奨学金以外に借入しているもの:特になし

独立行政法人日本学生支援機構の令和2年度学生生活調査結果によると、奨学金制度を利用している大学生の割合は49.6%、短大生では56.9%と約半数の割合となっています。

奨学金を借りた理由「親からの支援やアルバイトでは足りなかった」

奨学金を借りた理由について、回答者は「大学進学を希望しており、そのためには奨学金を借りなければ親からの支援やアルバイトでは足りなかったからです」と話しました。

また、「周りの友達も何人か借りている人がいて、身近な存在だったので深くは考えず申請をしました」と当時の状況を説明。

「周りの友達も利用しているからと安易な考えで奨学金を利用しましたが、奨学金も立派な借金なので、重くのしかかります」と、自分の考えを安易だったと振り返っています。

残る後悔「奨学金を利用してまで大学に行くべきだったのか」

「先が長く、きちんと返し切れるのか不安があります」「奨学金を利用してまで大学にいくべきだったのか、行かずに就職すべきだったかと後悔しています」と、先が見えない不安と後悔が入り交じる心境を明かした回答者。

加えて、「早く奨学金の呪縛から逃れたいと思っています。返済スピードを上げるために年収を増やしたいと思っています」と奨学金に追われる現在の切実な思いを語りました。

当事者の願い「奨学金を利用しなくても大学に行けるしくみを」

現行の奨学金制度に対する思いを聞くと、回答者は「ほとんどが返済の必要な奨学金なので、何年先にも重くのしかかってきます。貸与型ではなく、給付型の奨学金が増えてくれるといいなと思います」と、給付型を増やしてほしいとの願いを述べました。

続けて、「それ以前に、奨学金を利用しなくても大学に行けるしくみを国に作ってほしいです」と、経済状況が厳しい家庭の大学進学について奨学金制度の利用を前提としている国への思いを告白。

学費を気にすることなく全ての人が平等に大学に通える社会を、国は目指すべきなのかもしれません。

※回答者のコメントは原文ママです

この記事の筆者:てらこ
横浜生まれ横浜育ち。グルメと深夜ラジオを愛するライター。FP2級。銃弾を防ぐ少年団と、ポケットに入るモンスターも大好き。最近の悩みはアイスの買い置きが一瞬でなくなってしまうこと。X(旧Twitter):てらこ@ライター(@TeraWEB1)
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」