「利子で返済額が増大」無職・30代女性、320万円の奨学金に苦しむ「減額申請しても期間が延びるだけ」

学費を支援し、学生の進路を広げるための奨学金制度。この記事では、All About ニュース編集部が行ったアンケートの回答をもとに、奨学金の利子で膨らんだ返済額に苦しむ30代女性のエピソードを紹介します。

奨学金の利子で膨らんだ返済額に苦しむ30代女性のエピソード
奨学金の利子で膨らんだ返済額に苦しむ30代女性のエピソード
All About ニュース編集部は、2023年7月26日~9月26日にかけて、奨学金の利用経験がある人を対象にアンケート調査を実施。奨学金を借りた理由や返済にまつわる不安、現行の制度への思いを伺いました。

今回は、アンケートで得た回答の中から、奨学金の利子で膨らんだ返済額に苦しむ30代女性のエピソードを紹介します。

回答者のプロフィール

回答者本人:30代女性
在住:福岡県北九州市
家族構成:独身(子なし)
住居形態:持ち家(戸建て)
職業:無職
年収:100万以下
現在の貯金額:数万程度

回答者の奨学金の状況

借りた奨学金の種類:貸与型奨学金
返済状況:現在も返済中
奨学金で利用した金額(総額):約320万円
奨学金の返済残高:約238万円
奨学金の月々の返済額:約1.5万円
奨学金以外に借入しているもの:カードローン50万円

独立行政法人日本学生支援機構の令和2年度学生生活調査結果によると、奨学金制度を利用している大学生の割合は49.6%であり、現在も半数近くの学生が奨学金を利用して大学に通っています。

奨学金は「姉妹で私立大学に進学するため」

姉妹で私立の短期大学と私立大学にそれぞれ進学した回答者。

奨学金を借りた理由について尋ねると「入学金や学費など合わせると1年間だけでも100万円近くになり、到底予算が足りないので奨学金を利用することで費用を賄うことしたからです」と話しました。

加えて、「有利子であることを知らずに学費などが足りないので利用しました」と、奨学金が有利子であると把握しないまま借りた当時の状況を説明。

現在も利子に苦しめられているといいます。

延びる返済期間「中年に差し掛かっても支払い続けなければ」

回答者は現在、約238万円の返済残高を抱えています。

返済の苦悩を聞くと、「必ず奨学金の負担が毎月来るのはとてもしんどく、ときにその分が想定していた予算を上回ったりして計画が崩れることなどがよくありました。毎月同程度の金額といえど奨学金の分を常に考えて月々のやりくりなどする必要があるので、その辺りは今でもしんどいです」と、奨学金によって家計が常に圧迫されている現状を明かしました。

また、「減額申請などを利用していると月々の支払額は少なくなるので助かるのですが、その分支払い年月はかなり伸びていく」「中年に差し掛かっても支払い続けなければならないのが、将来仕事を失ったときなどかなりの負担となっていくのではないか」と、減額申請によって返済期間が延びていることへの不安を告白しています。

日本学生支援機構の奨学金の減額返還制度では、毎月の返還額を少なくできる一方、返す総額は変更されません。減額返還の申請をした分だけ返済期間が延びる点には注意が必要でしょう。

利子によって負担が増大「当初より大幅に増えた」

奨学金を有利子であると知らずに利用した回答者。「有利子であることが判明し、将来の返済額が当初より大幅に増えてしまって家計のやりくりに苦労した」と、想定よりも返済額が膨らんだ事実を語りました。

続けて、「以前は返済猶予を利用していて、返済額が全く減らない時期があり、返済猶予を先に利用してしまった」「今は返済猶予と減額申請を代わる代わる利用して確実に返済額を減らしていくように心掛けています」と、2つの制度を交互に利用して徐々に奨学金を返済していると話しています。

「無利子で利用できる環境になってほしい」

低金利であるといわれるものの、利子によって少しずつ返済額が増大していく奨学金。

回答者は、「国からの支援なども全く無く、自力で支払い続けなければならないのは理解できません。学生の身でこんなにも借金を背負いながら学んでいくのは矛盾のように思えます」と、将来に重い負担がのしかかる奨学金制度への苦言を述べました。

また、「今後学生の方が奨学金の返済に悩まずに無利子で将来のために利用できる環境になってほしいなと思います」と制度への願いに言及。

全ての学生が将来も明るく過ごせるよう、利子制度の見直しが必要なのかもしれません。

※回答者のコメントは原文ママです

この記事の筆者:てらこ
横浜生まれ横浜育ち。グルメと深夜ラジオを愛するライター。FP2級。銃弾を防ぐ少年団と、ポケットに入るモンスターも大好き。最近の悩みはアイスの買い置きが一瞬でなくなってしまうこと。X(旧Twitter):てらこ@ライター(@TeraWEB1)
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」