年収250万円・30代男性、120万円の奨学金を完済「新卒時代を耐え切った」「完済できるか不安だった」

経済的困難を抱える学生や、成績優秀な生徒を支援するための奨学金制度。この記事では、編集部が実施したアンケートで得た回答の中から、奨学金を利用した大学進学に疑問を感じている30代男性のエピソードを紹介します。

30代男性のエピソード
120万円の奨学金を完済した30代男性のエピソード
経済的困難を抱える学生や、成績優秀な生徒を支援するための奨学金制度。その返済に苦しむ人が多発し、大きな問題となっています。

All About ニュース編集部は、2023年7月26日~9月26日に、奨学金を利用した経験がある人を対象にアンケート調査を実施。奨学金を借りた理由や返済にまつわる悩み、現行の制度に対する意見などを聞きました。

今回は、アンケートで得た回答の中から30代男性のエピソードを紹介します。

回答者のプロフィール

回答者本人:30代男性
在住:愛知県豊橋市
家族構成:既婚(子あり)
住居形態:賃貸
職業:その他
年収:250万円前後
現在の貯金額:20万円前後

回答者の奨学金の状況

借りた奨学金の種類:貸与奨学金
返済状況:完済
奨学金で利用した金額(総額):120万円
奨学金の月々の返済額:約1万5000円
奨学金以外に借入しているもの:特になし

独立行政法人日本学生支援機構が実施した令和2年度学生生活調査によると、大学生の49.6%、短大生の56.9%が奨学金制度を利用しています。

奨学金を借りた理由は「父の転職活動」

学費が200万円以上かかる私立大学に進学した回答者。

奨学金を借りた理由を聞くと、「その時期、父親が転職活動中で収入が不安定であり、母親の収入だけでは学費の支払いが困難だったため、奨学金制度を利用しました」と話しました。

加えて、「遠方の大学だったので、そちらの費用にも充てていました」と打ち明けています。

10年以上かかる返済に不安「本当に完済できるのだろうか」

就職当初、回答者は収入が少なく返済に苦しんだとのこと。「毎月払い続けていたものの、完済に十年以上かかることが分かっていたため、正直完済するまでのゴールが見えにくく、『本当に返済が終わるのだろうか』を不安になったことがありました」と、返済期間が長く先が見えない状況だった当時の不安を明かしました。

続けて、「年月が経つにつれて明確に完済のイメージが出来た為、ある程度は不安はなくなりました」と、徐々に心理的なストレスが軽減した旨を告白。新卒時代を耐え切ることにより、徐々に不安は落ち着いたそうです。

大学の分野と違う職種に就職「大学進学についてネガティブに考えるように」

奨学金について後悔したエピソードを尋ねると、回答者は「奨学金のおかげで大学も無事に卒業できましたが、思ったように就活が出来ず、結局大学で学んだ分野とは少し畑の違う職種に就職することとなりました。暫くその仕事を続けていくうち、ふと『これでよかったのだろうか』を思うようになりました」と話しました。

さらに、「現時点での自分の状態を鑑みて、大学進学そのものに疑問を抱くようになり、また奨学金の利用・返済もあってさらに大学進学についてネガティブに考えるようになってしまいました」「『奨学金制度が無ければ大学にも通わず、今と違った道に進んでいたのではないか』と思ってしまいました」と、奨学金を利用して卒業した意味を見出せず、悩み苦しんだ経験を打ち明けています。

返済する覚悟が必要「学生時代にはイメージしていなかった出費」も

奨学金制度の懸念点として、「返済開始は卒業後であり、返済額も少額の場合期間が長期化するため、返済の目安がつきにくいように感じます」と語る回答者。

「卒業してすぐは出費も少ないと思いますが、五年、十年と経つと結婚・子育て等の大学生時代にはイメージしづらい事で出費が増えたりする」と、長期にわたって返済を続ける難しさに言及しています。

アンケートの最後には、「貸与奨学金の場合、返済が必須な以上『奨学金という名の借金』なので、そのあたりの自覚は必要だと思います」と、奨学金を利用する際に必要な覚悟について述べました。

※回答者のコメントは原文ママです

この記事の筆者:てらこ
横浜生まれ横浜育ち。グルメと深夜ラジオを愛するライター。FP2級。銃弾を防ぐ少年団と、ポケットに入るモンスターも大好き。最近の悩みはアイスの買い置きが一瞬でなくなってしまうこと。X(旧Twitter):てらこ@ライター(@TeraWEB1)
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは