「トレンディドラマといえばこの人」という女性俳優ランキング! 2位「浅野温子」を抑えた1位は?

全国の男女192人に聞いた、「トレンディドラマといえばこの人」という女性俳優ランキング! 「出ているだけでバブリーな感じ」との声もあった、2位浅野温子さんを抑えた1位は? ※サムネイル画像出典:(c)フジテレビ

101回目のプロポーズ
2位の浅野温子さんが出演した『101回目のプロポーズ』(フジテレビ系)
※画像出典:Amazon 
(c)フジテレビ
All About ニュース編集部は10月6日〜11月6日の間、全国の20〜60代の男女192人を対象に、「トレンディドラマ(1980〜1990年代)」に関するアンケートを実施しました。今回はその結果から、「トレンディドラマといえばこの人」という女性俳優ランキングを発表します。

>8位までの全ランキング結果を見る

第2位:浅野温子

第2位は、浅野温子さん。1986年に第1シーズンが放送された人気シリーズ『あぶない刑事』(日本テレビ系)では、ヒロインの真山薫役を務め、2024年公開の新作映画『帰ってきた あぶない刑事』でもヒロイン役は健在です。

1991年にフジテレビ系「月9」枠で放送の『101回目のプロポーズ』では、武田鉄矢さんが演じる主人公・星野達郎が思いを寄せるヒロイン・矢吹薫役を演じ、切ない演技が共感を集めました。

回答者からは、「やっぱり101回目がインパクト大! インパクト強!(40代男性/茨城県)」「あぶでかのイメージです(30代男性/東京都)」「元祖的存在だからです(50代女性/愛知県)」「キレイなのにやってることが芸人みたいで笑えた(30代男性/東京都)」などのコメントが寄せられました。

ほかにも、「出ているだけでバブリーな感じがしてよかった(40代女性/大阪府)」「華があるので(40代女性/北海道)」「ワンレン黒髪のイメージです(40代女性/熊本県)」などの声がありました。

第1位:浅野ゆう子

第1位は、浅野ゆう子さん。1988年放送の『抱きしめたい!』(フジテレビ系)では、2位にランクインした浅野温子さんと共にダブル主演を務め、「W浅野」として大ブレーク。バブル期の香りが漂う華やかなファッションや暮らしぶりに憧れを抱く女性が多かったようです。

『君の瞳をタイホする!』(1988年・フジテレビ系)や『恋のパラダイス』(1990年・フジテレビ系)など、数々のトレンディドラマの代表作品で主演を務めています。

回答者からは、「ファッションなど、当時の女性のあこがれでした(60代女性/滋賀県)」「トレンディのさきがけだと思うためです(40代男性/山梨県)」「ロングの黒髪に抜群のスタイル(40代女性/鹿児島県)」などのコメントが寄せられました。

さらに、「トレンディドラマを盛り上げたのは浅野ゆう子だと思う。代表的な俳優(40代男性/静岡県)」「W浅野の1人、素晴らしいスタイルが特に印象的で、注目して見ていたため(50代男性/千葉県)」「トレンディドラマの主演女優と言えば、さばさばしたキャラが要だったんじゃないのかな、と。社会で男性並みに、仕事をこなせる、そういう女性像を彷彿とさせてた浅野ゆう子さん(40代女性/埼玉県)」などの声もありました。

※回答者のコメントは原文ママです

この記事の筆者:福島 ゆき プロフィール
アニメや漫画のレビュー、エンタメトピックスなどを中心に、オールジャンルで執筆中のライター。時々、店舗取材などのリポート記事も担当。All AboutおよびAll About ニュースでのライター歴は5年。
次ページ
8位までのランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」