リメイクしてほしいトレンディドラマランキング! 2位は『101回目のプロポーズ』、1位は?

全国の男女192人に聞いた、「リメイクしてほしいトレンディドラマ」ランキング! 「Z世代ではどうなるのか教えて欲しい」との声もあった、2位『101回目のプロポーズ』を抑えた1位は? ※サムネイル画像出典:(c)フジテレビ

101回目のプロポーズ
『101回目のプロポーズ』※画像:FOD公式
(c)フジテレビ
All About ニュース編集部は10月6日〜11月6日の間、全国の20〜60代の男女192人を対象に、「トレンディドラマ(1980〜1990年代)」に関するアンケートを実施しました。今回はその結果から、「リメイクしてほしいトレンディドラマ」ランキングを発表します。

>9位までの全ランキング結果を見る

第2位:『101回目のプロポーズ』(1991年)

第2位は、1991年の7~9月に「月9」枠で放送された『101回目のプロポーズ』(フジテレビ系)。99回のお見合いで相手に断られている真面目な中年サラリーマン・星野達郎役を武田鉄矢さん、達郎の100回目のお見合い相手となったチェロ奏者の矢吹薫役を浅野温子さんが演じました。

回答者からは、「武田鉄矢さん演じる達郎がダンプカーの前に飛び出して『僕は死にません!』と言ったシーンを、別の俳優が真剣に演じたらどんなふうになるか見てみたいからです(40代女性/福井県)」「令和に人気の役者を使って作られたこの作品を見てみたいからです(20代女性/兵庫県)」「Z世代ではどうなるのか教えて欲しい(40代女性/兵庫県)」などのコメントが寄せられました。

また、「武田鉄矢さんが生きているうちに、その後どうなったかを観ていたいです。もう一つはあのトラックの回に出る名シーンを、トラックにひかれて死んでしまうと言うアナザーストーリー展開で見てみたいです(60代男性/埼玉県)」「武田鉄矢さんの役をイケメンが演じたらどうなるか観てみたい(40代女性/埼玉県)」「武田鉄矢と浅野あつ子の代わりを誰がやるのか考えたら、ワクワクします(40代女性/三重県)」などの声もありました。

第1位:『ロングバケーション』(1996年)

第1位は、1996年の4~6月に「月9」枠で放送された『ロングバケーション』(フジテレビ系)。ピアニストの卵・瀬名秀俊役を木村拓哉さんが演じ、連続ドラマ初主演を務めました。山口智子さんが演じる落ち目のモデル・葉山南が、結婚が破談になって瀬名の元に転がり込むところから始まるラブストーリー。

回答者からは、「木村拓哉さんと山口智子さんが最高の組み合わせでしたが、今の俳優さんでどのように演じるのかが楽しみだからです(30代男性/神奈川県)」「現代でのロングバケーションの想像がつかないので見てみたいです(20代女性/千葉県)」「今の若手俳優で、山口智子、木村拓哉をなぞって欲しいので(60代女性/東京都)」などのコメントが寄せられました。

さらに、「ピアノとかバイオリンとかを俳優ががんばって練習して演じるドラマが好きだから(40代女性/兵庫県)」「今ならどんな演出になるのか見てみたい(50代女性/埼玉県)」「木村拓哉が演じた役を他のアイドルがするとどうなるか見てみたい(30代女性/大分県)」などの声もありました。

※回答者のコメントは原文ママです

この記事の筆者:福島 ゆき プロフィール
アニメや漫画のレビュー、エンタメトピックスなどを中心に、オールジャンルで執筆中のライター。時々、店舗取材などのリポート記事も担当。All AboutおよびAll About ニュースでのライター歴は5年。
次ページ
9位までのランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」