メルカリのアフィリエイトプログラム「メルカリアンバサダー」とは? 報酬の割合や条件はどうなる?

メルカリが、アフィリエイトプログラム「メルカリアンバサダー」がスタートしました。登録方法や、報酬の仕組み、商品が売り切れになった場合はどうなるのかなど、気になるポイントを解説していきます。

メルカリのアフィリエイトプログラムが始動!登録方法や報酬を解説
メルカリのアフィリエイトプログラムが始動! 登録方法や報酬を解説(出典:プレスリリース、以下同)
メルカリは2023年11月、アフィリエイトプログラム「メルカリアンバサダー」をスタートしました。メルカリのユーザーなら誰でも登録でき、報酬を得ることも可能です。具体的にどのような仕組みなのか、報酬の割合や条件、適応範囲はどうなるのか。気になる内容をチェックしていきましょう。
 

メルカリアンバサダーとは?

メルカリアンバサダーは、メルカリユーザーが参加できるアフィリエイトプログラム。メルカリで販売されている商品のURLや検索結果のURLをSNSやブログなどで紹介し、そのURL経由で誰かが商品を購入をすると報酬を受け取れる仕組みです。

メルカリアンバサダーの登録方法

メルカリアンバサダーへの登録やURLの生成は、パソコン(PC)版のメルカリで行います。

1. マイページのサービス一覧にある「メルカリアンバサダー」をクリック
マイページの「メルカリアンバサダー」から始める
マイページの「メルカリアンバサダー」から始める
2. ユーザーの情報が表示されるので、確認をして「上記に同意して申し込む」をクリック
ユーザーの情報が表示される。「上記に同意して申し込む」をクリック
ユーザーの情報が表示される。「上記に同意して申し込む」をクリック
3. 登録後、アフィリエイトリンクが作れるようになります。
アフィリエイトリンクが作れるようになる
アフィリエイトリンクが作れるようになる
作成したアフィリエイトリンク(URL)をSNSやブログに貼り付けて紹介し、誰かに購入されると報酬が得られます。
紹介したい商品または検索結果のページを開き、ツールバーからアフィリエイトリンクを生成
紹介したい商品または検索結果のページを開き、ツールバーからアフィリエイトリンクを生成

報酬の割合や条件、適応範囲

メルカリアンバサダーで得られる報酬は、アフィリエイトリンクを通して購入された価格の2%分がメルカリポイントで付与されます。アフィリエイトリンクをクリックしてから24時間以内に購入されることが報酬を得る条件となります。

商品1個当たりに付与されるポイントの上限は1000ポイントなので、紹介または経由して購入される商品の金額は5万円を目安にすると良さそうです。

なお、同じ出品者の商品については、月3000ポイントが上限となります。報酬は成果発生の翌日までに付与される予定です。

「メルカリShops」の商品も対象

筆者も早速メルカリアンバサダー登録してみたのですが、気になるのは「紹介した商品がすぐに品切れになる可能性」です。

メルカリは早い物勝ちの市場でもあるので、せっかくアフィリエイトリンクを貼っても、すぐに売り切れてしまっていてはあまり意味がない。そう思ってしまいますね。

その場合には「メルカリShops」の商品を紹介するのも1つの方法です。メルカリShopsであれば1つの商品で複数販売しているケースが多いので、在庫がある限り報酬の対応になります。

・商品の検索結果ページも報酬対象になる
メルカリに確認したところ、商品の検索結果ページも、同じようにアフィリエイトプログラムの対象になります。

例えば「りんご」で検索するとたくさんの商品が表示されますが、これを丸ごとアフィリエイト報酬の対象にできます。ということは、検索ワードとして「りんご」がある商品の出品がなくならない限り、報酬を得られるチャンスがあるということです。
商品の検索結果ページも報酬対象になる
商品の検索結果ページも報酬対象になる
ただし検索結果ページの場合には、画像付きのアフィリエイトリンクは作成できませんのでご注意ください。※2023年11月現在、アフィリエイトリンクは「リンクのみ」の作成が可能で、画像のみ/ボタン付き画像は準備中とのこと

メルカリのアフィリエイトプログラムで注意したいこと

このようにメルカリアンバサダーを利用することで報酬を得られるわけですが、注意点もあります。

人気の商品やキーワードを使って商品購入に誘導させるのは、著作権法や商標法に触れる恐れがあります。他の人の文章や画像を無断で掲載、商品と全く関係ないロゴマークを使う、公式Webサイトと間違うようなサイトを作るなどの行為はNGです。

また薬事法や健康増進法に基づくと、医薬品と誤解するような効果効能を記載、病気の治療や予防ができるような表現を用いる、健康促進があるなど虚偽・誇大表現をするのもルール違反になります。

少しでも売りたい気持ちは分かりますが法律やメルカリのルールを守るのは大前提。購入者とのトラブル防止のためにも、基本的なルールはしっかりとおさえておきましょう。

参考:メルカリアンバサダーご利用ガイドライン
 

この記事の筆者:川崎 さちえ
ネットオークション歴19年、フリマアプリ歴9年。NHK『あさイチ』をはじめとした多数の情報番組に出演し、経験に基づいた実践型のフリマアプリやオークションの魅力を伝えている。  

 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応