「親の七光り」を感じさせない、実力派の二世芸能人ランキング! 2位「宇多田ヒカル」、1位は?

All About ニュース編集部が実施した「二世タレント」に関するアンケート」から、今回は「親の七光りを感じさせない、実力派だと思う二世タレント」ランキングを紹介します。(サムネイル画像:宇多田ヒカルさん公式Instagramより)

All About ニュース編集部は10月3日~11月2日の期間、全国10~70代の341人に「二世タレント」に関するアンケートを実施。その調査結果から「親の七光りを感じさせない、実力派だと思う二世タレント」ランキングを紹介します!

>20位までのランキング結果

2位:宇多田ヒカル(父:宇多田照實/音楽プロデューサー、母:藤圭子/故人)

2位に入ったのは、宇多田ヒカルさんです。父は音楽プロデューサーの宇多田照實さん、母は演歌歌手の藤圭子さんと、音楽業界で活躍する両親のもと生まれた宇多田さんは、15歳から歌手、シンガーソングライターとして活躍。

デビュー曲『Automatic / time will tell』をはじめ、『First Love』『Flavor Of Life』など数々の名曲を世に送り出し、2023年7月には新曲『Gold ~また逢う日まで~』がリリースされました。回答者からは、以下のようなコメントが集まりました。

「日本を動かした実力(40代男性)」

「天才の一言に尽きる。10代が作った歌なんて誰も思わないくらいのすごいクオリティの曲を作る(30代男性)」

「親は親でヒットしたけど、それがなくても同じくらい世間に評価され売れたのではないかと想像できるから(40代女性)」

「楽曲も素晴らしいし、ミリオンの大ヒットをさせているので、実力派です(60代女性)」

1位:長澤まさみ(父:長澤和明/元ジュビロ磐田監督)

1位は、俳優の長澤まさみさんでした。

2003年の映画『ロボコン』で初主演を飾って以降、数々の作品で主演やヒロイン役に抜てき。『功名が辻』『真田丸』などのNHK大河ドラマにも出演しており、俳優として確固たる地位を確立しています。

長澤さんの父は、元サッカー選手の長澤和明さんです。引退後は指導者や解説者として活動し、ジュビロ磐田の初代監督でもあります。回答者からは、次のような絶賛コメントが寄せられました。

「演技が迫力あって上手だったり歌もすごくよかったり親と違う個性で活躍しているから(30代男性)」

「自分の努力で次々と仕事をとって有名になっているから(20代女性)」

「自身の努力で売れているイメージしかないからです(40代男性)」

「その言葉通りに、親御さんがどうとか感じさせず、とても活躍されていると思うからです(50代女性)」

「親の七光りの恩恵を受けている様には見えないし、そんな感じがしません(60代男性)」


※回答コメントは原文ママです
次ページ
20位までのランキング結果
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在