「実は二世」と知って驚いた芸能人ランキング! 2位「杉咲花」、1位は?

All About ニュース編集部は全国341人を対象に「二世タレント」に関するアンケート調査を実施。「『実は二世』と知って驚いた芸能人」ランキングで1位に選ばれたのは?(サムネイル画像:ドラマ『恋です!〜ヤンキー君と白杖ガール〜』公式Instagramより)

芸能界で活躍するタレントの中には、有名人の親を持つ「二世タレント」が多くいます。しかし、世間からは二世タレントだとあまり知られていない人もいますよね。

All About ニュース編集部は10月3日~11月2日の期間、全国10~70代の341人を対象に「二世タレント」に関するアンケート調査を実施。今回はその中から「実は二世と知って驚いた芸能人」ランキングを紹介します!

>18位までのランキング結果

2位:杉咲花(父:木暮武彦、母:チエ・カジウラ)

2位は、俳優の杉咲花さんです。2020年のNHK連続テレビ小説『おちょやん』でのヒロイン役が記憶に新しい杉咲さん。2023年11月公開の映画『法廷遊戯』のほか、今後も多数の作品への出演が決定しています。

両親は音楽業界の芸能人で、母は歌手のチエ・カジウラさん、父はロックバンド「レベッカ」に在籍したギタリストの木暮武彦さんです。アンケート回答者からは、以下のような声が寄せられました。

「この2人の間の子供だとは思わなかったから(50代女性)」

「自分が若い頃に、この方々の親の音楽を聴いていたので、その二世と知らなくて驚いた(40代男性)」

「テレビで親の話をしているところを見たことがなかったので、びっくりしました(40代女性)」

「杉咲花は知りませんでした。おちょやんを見ていて演技が上手いと思っていました。どうりでという感じです(60代男性)」

1位:長澤まさみ(父:長澤和明/元ジュビロ磐田監督) 

最も多くの票を集めたのは、俳優の長澤まさみさんでした。

長澤さんは2000年に俳優デビューして以降、数々の作品で主演やヒロイン役として出演。2020年公開の映画『MOTHER マザー』では「第44回 日本アカデミー賞」の最優秀主演女優賞にも輝いた実力派俳優です。

父は、元サッカー選手の長澤和明さん。現役引退後はジュビロ磐田の初代監督を務めました。

長澤さんを選んだ回答者からは、「全く別世界のような親だったから(70代女性)」「2世というイメージがまったくなかったから。親が誰なのか知らなかったから(20代女性)」「まさかお父さんがサッカーの監督とは思っていなかったから(40代女性)」「父親がサッカーチームの監督であることも知らず、どこかの街でスカウトされたと思っていたため(50代男性)」などの理由が集まりました。


※回答コメントは原文ママです
次ページ
18位までのランキング結果
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応