2023年「男の赤ちゃんの名前」ランキング! 2位「碧(あお)」、1位は?【28万5116人に大調査】

赤ちゃんの名前には親の思いが詰まっているといわれます。実際の名付けの際には、読みや音の響き、画数、漢字の持つ意味が重視されることが多いのだとか。2023年に生まれた赤ちゃんにはどんな名前が多くつけられたのか、28万5116人に聞きました。

妊娠・出産・育児ブランド「たまひよ」が、1月1〜9月27日に生まれた赤ちゃんを持つ全国の28万5116人を対象に、名前の読み、漢字などについてのアンケート調査を行いました。この記事では、男の子の赤ちゃんを持つ14万3259人に聞いた「赤ちゃんの名前ランキング2023男の子編」を発表します。
 
2023年、最も人気だった男の子の名前は?
2023年、最も人気だった男の子の名前は?
アンケートは、「たまひよ」の商品、サービスを利用した人からの任意回答を集計したものです。
 
>10位までの全ランキング結果を見る

第2位:「碧(あお)」

第2位にランクインしたのは「碧」(主な読みは「あお」)です。昨年の1位から順位を1つ下げたものの依然人気が高く、同アンケートの読みランキングでは「碧人(あおと)」が3位、使用漢字ランキングでも7位と、上位にランクインしています。
 
「碧」は「深い青色、青緑色」などの意味を持ち、濃く深い海の色を表す紺碧(こんぺき)や、青く美しい玉を表す「碧玉(へきぎょく)」などの言葉に使われる漢字です。ランキング5位に入った「蒼」と並んで、ブルーを意味する1文字の漢字が男の子の名前として採用される傾向があることが読み取れます。
 
「碧」という名前には、爽やかさやすがすがしさ、誠実さ、澄んだ心を持つ人になってほしいという願いが込められているのでしょう。

第1位:「蓮(れん)」

「赤ちゃんの名前ランキング2023男の子編」、第1位は「蓮」(主な読みは「れん」)でした。昨年の5位から4つ順位を上げただけでなく、2005年〜2023年の19年間に計140万人を対象にした調査でも堂々の1位となっており、男の子の名前として根強い人気がうかがえる名前です。
 
「蓮」は「はす」とも呼ぶすいれん科の植物で、7月から8月にかけての早朝、薄いピンクや白の上品な花を咲かせます。仏教では極楽の花として知られ、純潔や悟りを表します。英語名のロータスの意味をひもとくと、古代エジプトでは神聖なもののシンボルとされていました。
 
「清らかな心」「神聖」「雄弁」「沈着」といった花言葉を持つ蓮の花。大切なお子さんに初めて贈るプレゼントとしての名前に、多く選ばれるのもうなづけます。

この記事の筆者:森野 みどり プロフィール
All About ニュースでのライター歴は3年目。主に旅行、ビジネス関連の記事を担当。最近の関心事は気候変動問題で、カーボンフットプリントを減らす生活を目指して試行錯誤しています。中国語に挑戦中。デザイン重視。ニュージーランド在住。
次ページ
10位までの全ランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在