新木優子、プライベート感あふれるパジャマショットに「可愛い」の嵐! 「一緒に寝たいよ~」の声も

俳優の新木優子さんがInstagramでパジャマ姿を公開。「可愛すぎる」と話題を呼んでいます。(サムネイル画像出典:新木優子さん公式Instagramより)

俳優の新木優子さんが11月7日、自身のInstagramを更新。パジャマ姿という“レアショット”を公開しました。
 

【実際の投稿:新木優子のパジャマ姿に「可愛い」殺到】

「優子さんの表情が好きすぎる」

新木さんは投稿で、「【新木優子Fan Meeting 2023】 追加公演が決定しました!!」「先行抽選受付の後に、今回は当たらなかったというお声をいただいていたので、会える機会を増やすことができてとってもとっても嬉しいです!!!!」とつづり、5枚の写真を披露。いずれも、白地にストライプ柄が入ったセットアップのパジャマ姿です。ベッドの上で膝を少し立てたり、笑顔を見せたりと、オフ感漂う写真です。
 

ファンからは、「いい顔」「goodです」「素の優子さんも素敵」「優子さんの表情が好きすぎる」「一緒に寝たいよ~」という声のほか、「かわいい」「可愛い過ぎる」など、とにかく「可愛い」と絶賛の声が多く寄せられました。

12月にはスペシャルブックも発売

10月28日の投稿で新木さんは、「ファンミーティング記念の、special book "yuko araki 29"が12月13日(水)に発売が決定しました」とつづり、3枚の写真を公開。今回、公開された写真も、『yuko araki 29.』(SDP)に収録されているショットかもしれませんね。セクシーな姿からナチュラルな表情まで、20代最後の新木さんを詰め込んだ見応えのあるスペシャルブックに仕上がっているようです。気になる人は、ぜひチェックを!
 

【新木優子さんの写真集をチェック!】
次ページ
『yuko araki 29.』に収録された新木さんも見る!
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」