藤原紀香、ぴっちりドレスで圧巻スタイル披露! 夫・片岡愛之助とのレアなツーショットにも反響

俳優の藤原紀香さんが11月8日、自身のInstagramを更新。タイトなドレス姿で圧巻のスタイルを披露し、ファンから歓喜の声が上がっています。(サムネイル画像出典:藤原紀香さん公式Instagramより)

俳優の藤原紀香さんが11月8日、自身のInstagramを更新。タイトなドレス姿で圧巻のスタイルを披露しています。

【実際の投稿:藤原紀香、ぴっちりドレスで圧巻スタイルを披露】

夫・片岡愛之助さんとのツーショットも

藤原さんは「未投稿だった写真7枚、あげました!」と、圧巻のスタイルなどを披露した7枚の写真を公開。ぴっちりとしたサイズ感のブルーのチャイナ風ドレスが良く似合っています。10月24日に都内で行われた映画『翔んで埼玉 〜琵琶湖より愛をこめて〜』のレッドカーペットイベントに出席した際のショットです。3枚目は、同映画で共演した夫で歌舞伎役者の片岡愛之助さんとのレアなツーショットになっています。

この投稿には、「愛様とのツーショット 貴重な一枚ですね」「背中のラインきれい」「素敵なご夫婦さま」「ファンサービス最高」「綺麗すぎです〜」「小顔〜」「最高にステキ」「スタイル抜群ですね~」「映画絶対見に行きます」など、ファンの声が相次いでいます。

チャイナ風ドレスへのこだわり

藤原さんは25日の投稿で、「プレミア試写会andレッドカーペット サウンドバイツに行ってきました」と試写会&レッドカーペットの様子をアップ。「神戸イメージでこの日のために生地を探し,北野よしこ先生にオーダーし作っていただきました jewelryもやはり Pearlで」と当日の衣装へのこだわりも明かしました。今後も藤原さんのチャイナ風ドレス姿を見られるのか、楽しみですね。
 
次ページ
藤原さんのレッドカーペットでの様子を見る!
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」