29歳・女性YouTuber、子宮頸がん検診受け初期の異形成を早期発見。「多くの女性に見て欲しい動画」「健康診断がいかに大事かを知りました」

YouTubeチャンネル「えっちゃんねる/悦子」のえっちゃんが、子宮頸がん検診の結果が陽性で、精密検査を受けたと報告。検査結果や今後について明かしました。(サムネイル画像出典:「えっちゃんねる/悦子」)

YouTubeチャンネル「えっちゃんねる/悦子」のえっちゃんが11月3日、動画を投稿。子宮頸(けい)がん検診を受けたところ再検査となり、精密検査を受けたことを報告しました。

【実際の動画:えっちゃん、子宮がん検診の結果が陽性】

3年ぶりに健康診断を受けてみると……

えっちゃんは動画冒頭でコロナ禍ということもあり、「健康診断をさぼっていて」と、3年間受けていなかったことを、明かしました。29歳のえっちゃんさんは今回の健康診断で、子宮頸がん検診も合わせて受けたと話します。その結果、再検査が必要となり、子宮から細胞を取る検査を受け、異形成が見つかったとのこと。さらにその異形成を詳しく調べるために、コルポスコピーという精密検査も受けたと話します。
 

検査の結果、早期発見で「軽度と診断」されたそう。半年後に再検査を受け、当面は経過観察となったと話します。えっちゃんは、「様子伺って問題なければ大丈夫という話だったので、少し安心しました あと2年さぼっていたらどうだったか分からないなぁと思うと」とコメントし、動画の概要欄でも「女性の方は、絶対に子宮がん検診と乳がん検診を絶対に受けたほうがいいです! 結果はどうあれ、早期発見が何よりも大事」と健康診断の重要性を、強く訴えました。
 

コメント欄には、「健康診断がいかに大事かを知りました」「多くの女性に見て欲しい動画」「HPVの発信は、影響力のある方がどんどんやっていただくべき」という声のほか、「進行しない事を祈っています」「無理しちゃだめだよ」と温かい声が寄せられています。

9月に子宮頸がん検診の結果動画も公開

えっちゃんは9月10日に同チャンネルで公開した動画で、子宮頸がん検診を受けた結果、「引っかかってしまいました」と告白していました。えっちゃん同様、コロナ禍でしばらく検診を受けていないという人は、この機会にぜひ受けてみてはいかがでしょうか。
 

次ページ
子宮頸がんの検査報告動画もチェック
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • アスリートの育て方

    3万円を手渡し「頑張って来いよ」。破天荒すぎる父が中学生だった元日本代表・城彰二に課した極貧サバイバル生活

  • どうする学校?どうなの保護者?

    いつの時代の話? 「登校付き添い」を求められ、仕事の断念や転校を迫られる母親たち

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望