11月4日は「3つの吉日」が重なる超開運日! 5日連続運気がいいスペシャルな期間が始まる

2023年11月4日は、3つの吉日が重なるトリプル開運日です。この日はどんな吉日なのか。知っておくと幸運につながる「やるといいこと」「やってはいけないこと」を紹介します。

2023年11月4日は、「寅の日」「大安」「天恩日」の3つの吉日が重なる超開運日です。

この日はどんな吉日なのか。ご利益を最大限に生かすために「やるといいこと」を紹介します。逆に「やってはいけないこと」もチェックしておきましょう。

11月4日のトリプル開運日にやるといいことは?
11月4日のトリプル開運日にやるといいことは?

「寅の日」「大安」「天恩日」の3つの吉日が重なる超開運日

寅の日とは

「トラは千里行って千里帰る」ということわざから、寅の日(とらのひ)に使ったお金はすぐに返ってくるといわれている「金運招来日」です。

この日はビジネスや契約ごと、大きな買い物など、お金にまつわることが吉。出て行ったものが無事に戻るという意から、旅行にもぴったりな吉日です。

 

大安とは

大安(たいあん)とは、「大いに安し」という意味を持ち、六曜において最高の吉日といわれています。

先勝や先負とは違い、時間帯による吉凶がないため、1日を通して大きなトラブルに見舞われる心配がなく、「1日中、何事もうまくいく」とされています。

また、大安はほかの開運日と重なることで、その開運日に相乗効果を与えるといいます。

11月4日の大安は「寅の日」とも重なることから、金運パワーがさらにアップします。開運アクションをより成功へと導いてくれることでしょう。

 

天恩日とは

天恩日(てんおんにち)とは、「天の恩恵を全ての人が受ける日」とされている暦注(れきちゅう)においての吉日です。

この日は特に慶事に良いとされ、人生における大切なイベントや、人生を大きく変化させるような行動をするのに最適な吉日です。

天恩日は5日間連続恩恵を受けることができるスペシャルな期間。今回は11月2日から11月6日まで吉日が続きます。1日では終わらない祭事をスタートさせる日にもおすすめです。

 

11月4日にやるといいこと

11月4日のトリプル開運日は、「大安」と「天恩日」の開運パワーが掛けあわされて「寅の日」効果をより高めてくれる吉日です。

お金にまつわるアクションや、豊かさにつながる行動を、ぜひスタートさせましょう。

 

【やるといいこと】
・新規事業
・開店、開業
・車や家など大きな買い物や契約をする
・口座開設
・投資
・宝くじの購入
・お財布の新調や使い始め
・引っ越し
・旅行

次ページ
11月4日に「やってはいけない」ことは?
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • アスリートの育て方

    3万円を手渡し「頑張って来いよ」。破天荒すぎる父が中学生だった元日本代表・城彰二に課した極貧サバイバル生活

  • どうする学校?どうなの保護者?

    いつの時代の話? 「登校付き添い」を求められ、仕事の断念や転校を迫られる母親たち

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望