コレコレ、社会問題になっている“ヤミ畑”へ突撃「まじで日本の行政なにしてんの」「日本の領土を守って欲しいと切実に思う動画」と反響

長野県内の河川敷。国有地であるにもかかわらず、勝手に農作物を育て、小屋設置などを無許可で行う外国人の問題が話題になっています。今回、コレコレさんはYouTube動画でその詳細についてリポートしました。(サムネイル画像出典:All About ニュース編集部)

配信者でYouTuberのコレコレさんが10月26日、YouTubeチャンネル「コレコレチャンネル KoreTube」で動画を公開。国有地で違法に耕作する外国人を直撃取材しました。
 

【実際の動画:コレコレ、長野県の“ヤミ畑”を取材】
 

「これガッツリ違法」

コレコレさんとYouTuberの猫こねこさんが訪れたのは、長野県内の河川敷。農作物が育てられているほか、農資材をしまう場所と思われる小屋なども点在しています。「あまりにも広すぎて違法じゃないだろうと みんな思うと思うんですよ」「これガッツリ違法」「集落レベルでの広さになっている」とコレコレさんが言うほど、広い耕作面積です。
 

いざ、現場に足を運ぶと、「警告」と書かれた看板には、中国語で注意書きも。さらに小屋には宅配業者の伝票もあり、もしやここで育てた農作物を販売しているのではないか? と疑うような光景も。また、比較的小型ですが耕運機なども持ち込まれており、本格的に農作業をしていることが分かります。
 

注意を受けても「やめない」外国人女性

その後、トウモロコシを収穫中の外国人女性にコレコレさんらが、「畑作業 ここでやるのはダメだから撤去してください」とスマホに入力し、中国語に変換したものを見せると、首を縦に振ります。どうやら、ここで農作物を育てることは違法と分かってはいる様子。「でもやめない?」と女性に問うと、「うん、やめない」と開き直りの答えが返ってきました。
 

また、別の男性は声をかけてもだんまり。中国語で注意喚起を書いたスマホ画面を見せても、問いかけの一切を無視して作業を続けます。小屋に戻ると威圧的にドアをバーンッと開閉し、最後は「わあああ!」と奇声を上げながら自転車で逃走。会話は成立しない様子です。
 

手出しできない行政「説得を続けるしか」

コレコレさんは、「役所の人とかも困ってましたからね」「本人たちの意思で撤去してもらうのが一番いいんだって」「説得を続けるしかない」「強制力を持ってここを全部一掃するっていうのは現状はできないみたい」とコメントしています。
 

視聴者からは、「甘い対応しかしない行政本当情けない」「県民税や市民税を払っている人達がいるにも関わらず、行政が仕事をしていない結果」「まじで日本の行政なにしてんの」「日本の領土を守って欲しいと切実に思う動画」「国のルールを守らない外国人にも厳罰化を」という声が寄せられました。
 

なお、小屋や耕作地の撤去許可が下りたら、「僕は無償でここを更地にします」「それくらいの覚悟を持ってやっているので」と、動画内で話していたコレコレさん。今後、農地と小屋が更地となる動画が公開される日は来るのでしょうか。注目です。
 



>次ページ:コレコレさんの“ヤミ”に迫るほかの動画も見る
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」