登録者170万人の人気YouTuber、19歳ファンと不倫。生後8カ月の父でありながら、暴露を「事実」と認める

生き物系YouTuberとして人気を博すホモサピさんが、既婚者で生後8カ月の父でありながら不倫していたことが暴露され、「性対象も虫だと思ってたのにショック」と反響を呼んでいます。(サムネイル画像出典:ホモサピさん公式Xより)

生き物系YouTuberのホモサピさんが10月1~2日にかけて配信された、配信者でYouTuberのコレコレさんのYouTube Liveで不倫を暴露されました。
 

【実際の動画:生き物系YouTuber、19歳女性ファンと不倫認める】
 

登録者170万人の人気YouTuber

ホモサピさんは、『巨大外来種のザリガニを獲って食う』『スズメバチの巣をぶった斬ってみた』『公園の池にいたエビでチャーハン作ってみた』など、生き物に関する動画を投稿する人気YouTuberです。2日の記事執筆時点で動画の総再生回数は4億1000万回再生を超え、直近動画の『スズメバチの巣穴に液体窒素注いでみた』動画は295万回再生を誇ります。
 

出会いのきっかけは出版記念パーティー

コレコレさんの放送によると、ホモサピさんと不倫相手の女性の出会いは8月に発売された『冒険が知識に変わる ホモサピのいきもの調査報告書』(KADOKAWA)の出版記念イベントがきっかけだったとのこと。イベント後、女性からホモサピさんにダイレクトメッセージを送り、やりとりが始まりました。また、妻にやりとりがばれると「怒られる」という理由で、履歴がすぐに消去できるチャットアプリの「テレグラム」を通してやりとりを続け、ホモサピさんから「会おう」と誘い、ホテルへ行くことに。
 

その後、女性から「大人の関係だけなら最初に言ってほしい」と申し出たところ、ホモサピさんからは「そういう関係じゃない、好きだ」などと愛を確かめ合い、さらに「奥さんはヤバイ人」「いま離婚するという話になっている」とも聞かされ、離婚後に付き合う話になったという2人。しかし、ここで女性はホモサピさんに生後8カ月の子どもがいることを知りました。
 

配信に登場、不倫を認めたホモサピさん

そんな2人ですが結局、理由もあいまいなまま、ホモサピさんから急に関係を切られ、暴露に至ったというのが女性の主張。ただ、「報復が怖い」そうで、生配信への出演はありませんでした。するとこの配信中、ホモサピさんは自身のX(旧Twitter)を更新。「報復なんかしませんけどね」と書き込み、その後、配信へ登場。不倫関係の事実について、「はい、間違いないです」「事実」と認めました。妻とは現在、別居中であり、不倫相手の女性との関係を終了させた理由は、ホモサピさんからの連絡が遅くなった際に、ほかの男性に連絡を取っており、その対応で冷めたと打ち明けました。
 

また、女性と不倫関係になった理由について「スタートから間違っていた」と釈明。さらに付き合っていた頃は妻に関係がばれて慰謝料を請求されたら、ホモサピさんが費用を出すという話だったそうですが、今回の暴露によりその意向はなくなったことも話していました。
 

チャット欄では、「不倫はダメ」「まじでどっちもどっちww」「女の被害者ヅラきつい」「両方くず」「奥さま、訴えましょう!」など、ホモサピさんはもちろん、不倫相手の女性に対する批判の声があふれました。コレコレさんも通話終了後、ホモサピさんに「カメムシにレモンかけてる場合ちゃうぞ」とコメントしています。
 

相次ぐX更新も、「調子に乗ってすみませんでした」と削除

ホモサピさんはコレコレさんとの通話終了後、自身のXで「ナメクジはゴム手袋してさわってたのになんで女には」「とか5ちゃんに書いたらマジでぶち殺す」、「明後日動画出します」「子持ち不倫男の動画見てくれる人は見てください。では訴訟されてきます」など相次いで更新。しかし、2日の午前中には「妻にツイートガチできしょいから消せって言われたので消しました。調子に乗ってすみませんでした」と謝罪し、該当ポストは削除されました。
 

現在、21歳のホモサピさん。同配信で「結婚してて子供いたことを初めて知った」というファンもいるようです。削除はされたものの、ホモサピさんは3日に動画を公開予定と予告していました。「性対象も虫だと思ってたのにショック」というファンの声も上がった、今回の不倫騒動。ホモサピさん、妻、不倫相手の女性、そしてファン、それぞれに落としどころは見つかるのでしょうか……。
 



>次ページ:ホモサピさんの人気動画などもチェック
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ルックバック』や『帰ってきた あぶない刑事』も。2024年の「バディ映画」から見えてくる多様性と変化

  • 植草美幸の恋愛・結婚相談ー編集部選ー

    44歳、スペック自慢の学歴厨? 実家は太いが強烈な実母の高望みに応えられるのか?

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    羽田空港行きの1番列車が発車! 外観も車内も“台湾づくし”の京急「ビビビビ!台湾号」運行開始