犬系カップルYouTuber、“お家騒動”謝罪動画が「保身」と大炎上。「救いようがない」「ただの名誉毀損、自衛動画」と批判の嵐

コレコレさんに虚偽の内容を流布していると、実妹に告発されたカップルYouTuber「のっく」の彼氏・りくさんと、彼女・ののちさん。謝罪動画を上げて、問題解決と思いきや……。(サムネイル画像出典:YouTubeチャンネル「のっく」)

10月1~2日にかけて配信されたコレコレさんの生配信で話題となったカップルYouTuber・のっくが7日、『今回の件について事実を話します』と題した動画を公開し、批判の声が相次いでいます。
 

【実際の動画:のっく、実妹告白は訂正せず。「保身」動画に批判の嵐】
 

「妹が裸になったのは事実」と訂正せず

コレコレさんの動画で、実妹が「2人がいる部屋に裸で入ったこと」「(りくさんの)両親からは2人に(YouTube活動のため)パソコンも贈っており、家族とは縁を切っている発言」は“うそ”だと告発された、彼氏のりくさんと、彼女のののちさん。動画に登場すると、りくさんは「今から僕たちが話すことが事実です」と前置きし、続けてののちさんは「発信者という立場にもかかわらず、『妹が裸になった』という発言をしてしまい、妹さん、不快になられた皆さま、大変申し訳ございませんでした」と、りくさんの実妹とファンに向け謝罪しました。
 

しかし、りくさんからは「妹が裸になったのは事実」「今後も訂正はいたしません」と、実妹がコレコレさんの配信で訴えていた、うその発言を動画で訂正してほしいという要求を拒否。また、両親が2人のために贈ったと実妹がコレコレさんの配信で話していたパソコンの件は「YouTubeの編集担当は私なので」と、あくまでも「私(りくさん)に買ってくれた物」と主張しています。
 

りくさん、援助受けながら「度が過ぎる発言」と謝罪も

そのほか、両親が支払っていた携帯電話の月額使用料や、通っている大学の学費は、今後りくさん自身で払うと宣言。家族と縁を切ったという話については、以前から電話や実家に帰省した際、実母からののちさんの悪口を言われており、「耐え切れなくなったため、私の方から縁を切りたい」と実家に帰らなくなったと話しています。

一方で編集用のパソコンを両親からもらったことや、携帯電話の支払いなどの援助を受けていたことに関して、「度が過ぎる発言をしてしまい、申し訳ありませんでした」と謝罪しました。
 

こちらも読む→のっく虚言の家族ネタで話題作り? 実妹が「うそ」と告発
 

りくさんの実妹名乗るXアカウント、「どうしたいの」と嘆き

りくさんの実妹と名乗るX(旧Twitter)アカウントは5日に、「やっとこの件がすべて終わると思います」とポスト。ところが7日に公開された動画を受けて同日、「あなたたちにわたし何かしたっけ。どうしたいの。もう本当にわからない」と投稿し、翌8日には「わたしにも大切にしている人がいることを知ってるでしょう。家族、友達、恋人がいて、わたしひとりだけの人生ではないのに」と、悲痛な叫びをつづりました。
 

コメント欄には「アンチに負けないで!」「これからも頑張って」という声援もちらほら見受けられるものの、多くは「物事の本質がまるで見えていない」「恩を仇で返すという言葉を具現化した人たち」「こんな最低な人たちだとは思わなかった」「この動画はただの名誉毀損、自衛動画」など、「保身」動画だという声が殺到していています。
 

動画の最後にののちさんは、「ファンのみんなが大好きだし、みんなを裏切るような形にはしたくない。みんなが応援してて後悔しないようなYouTuberになるので見ててください」と、ファンにメッセージを送っていましたが、コメント欄を見る限り、その願いはかなり難しそう……。2人が多くのファンに応援してもらえる日が来るには、まだまだ長い道のりとなりそうです。

 

画像出典:YouTubeチャンネル「のっく」
画像出典:YouTubeチャンネル「のっく



>次ページ:関連動画も見る
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • アスリートの育て方

    3万円を手渡し「頑張って来いよ」。破天荒すぎる父が中学生だった元日本代表・城彰二に課した極貧サバイバル生活

  • どうする学校?どうなの保護者?

    いつの時代の話? 「登校付き添い」を求められ、仕事の断念や転校を迫られる母親たち

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望