“物申す系”の人気YouTuber、賃貸マンションでのバカ騒ぎで物議のコムドットに言及。「クズYouTuberのかがみ」と批判

9月28日に一部報道で、撮影場所として借りているマンション住民に迷惑行為をしていると話題になっているコムドットについて、登録者120万人超えのYouTuberが言及しました。(サムネイル画像出典:YouTubeチャンネル「PDRさん」)

登録者120万人を超える“物申す系”YouTuberのPDRさんが9月28日、自身のYouTubeチャンネルで動画を更新。同日、一部メディアで報じられたコムドットが撮影場所として借りているマンション住民から、騒音に関する苦情が寄せられている件について言及しました。
 

【実際の動画:PDRさん、コムドットの“バカ騒ぎ”に言及】
 

深夜の「ワー!」と言う大声、そして拍手……

記事によると、やまとさんが2021年から撮影場所として借りているマンションの部屋では、10人くらいで窓を開け喫煙、深夜に拍手の音や「ワー!」と大声を上げるバカ騒ぎをするなどの迷惑行為が約2年間続いており、中にはノイローゼのような状態になっている住民や、小さな子どもが就寝中に起きてしまうなどの被害を訴えているとのこと。
 

また、同マンションの管理規約では「専ら住宅として使用する」とありながら、撮影場所として使用することについても住民から批判の声が上がっていることについて、「迷惑をかけずに普通にしてれば何も言われないのに」と、PDRさんはコメントしています。
 

「2年とか生き地獄」

続けて、大声を上げながら拍手をするコムドット動画の冒頭あいさつをモザイク入りで流し、「……みたいなことしてんの? しかも噛んだら撮り直し」「2年とか生き地獄」「スタジオ借りろよ」と話し、「2年間近所の方にすっごく嫌な思いをさせて注意されてもやめないとか、クズYouTuberのかがみ」と批判しました。
 

さらに、こういった迷惑行為をするYouTuberにより、「悪いことをしていないYouTuberが物件を借りづらい状況を作ってくれて、ありがとう」と皮肉混じりに言い、同マンションの住民に向け「ここは目には目を、だと思います。住民全員で団結して、やまとを見かけるたびに無言で盗撮」「これを数週間続ければやまともノイローゼになって引っ越して行くと思いますので」と、笑顔でコムドットの騒音対策に助言するシーンもありました。
 

動画のコメント欄には、「ガチで悪質としか言い様がない」「道を開けてもらう前に部屋を空けさせられる男」「この件でやっぱあいつらコンビニの件以降も全く反省すらしてないんだなって思った」「自分達が迷惑かけるのは平気なのに、ファンが声かけてくるのには異常に厳しい。山奥に引っ込め」「叩くと埃しか出てこないのすごい」など、批判の声が殺到。「子供が寝れ変なのはマジでやばいって※原文ママ」「迷惑超えて公害」と厳しい意見が寄せられています。
 

なお、この件について29日の記事執筆時点でやまとさんは、一切言及をしていません。登録者もピーク時の6月から現在は31万人減の385万人まで落ち込んでいます。今後、この件についてやまとさんから発信されるのか、注目です。
 



>次ページ:PDRさんのほかの動画もチェック
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応