あやなん、東海オンエア・てつやからの“土下座謝罪”を報告。「今更遅すぎる」「産後の恨みは一生の恨み」

東海オンエア・しばゆーさんの妻でYouTuberのあやなんさんは10月25日、自身のXを更新。同グループ・リーダーのてつやさんから謝罪を受けたことを報告しました。(サムネイル画像出典:あやなんさん公式Xより)

東海オンエア・しばゆーさんの妻でYouTuberのあやなんさんは10月25日、自身のX(旧Twitter)を更新。同グループ・リーダーのてつやさんから謝罪を受けたことを報告しました。

【全文を読む:あやなん、てつやからの謝罪を報告】
 

「本当に今更遅すぎるけど許しました」

あやなんさんはまず「【報告】これは皆様にも伝えるべきだと思ったので言います」と書き出し、「てつやから、これまでしばゆーとあやなんにしてきた全ての無礼行為に対する真剣な誠心誠意の土下座の謝罪を、やっと、やっと、この目で、目の前で見る事が出来ました」と報告。てつやさんからの謝罪は、今まであやなんさんが求めていたものでした。

続けて「謝罪内容は主に、てつやの動画上やブログ記事の中で妊娠中、産後のあやなんを追い詰めるような投稿をした事、そしてしばゆーとの関係が悪化してしまうような必要以上の拒絶に対するもの」と、てつやさんが謝罪した内容について明かしました。てつやさんは「自覚はあったものの、意地になっていてこれまで謝罪出来なかった」ようです。そして「まぁもう本当に今更遅すぎるけど許しました」とつづり、てつやさんを許したあやなんさん。


【こちらも読む:あやなん、事の真相を告発。東海オンエア10周年翌日に起きた出来事について語る

「私史上最大出力の制裁です」

さらに、「あたしとうーくんは本当にピュアで全力で愛し合っていたのに、毎度それを見えない部分でずっと邪魔され続けてそれでもてつやには感謝もあったから寄り添い続けていました。それももう限界だった」と、今回の騒動に至るまでについても説明し、「第一子の妊娠からずっと、今まで長い間、この事で苦しんだし、二度とこんな理不尽には屈したくないと思ったんです」と、強い気持ちを明かしています。「私史上最大出力の制裁です。『産後の恨みは一生の恨み。』この言葉を忘れないで欲しい」とのこと。

読者にも、「この騒動を見た人も、私のことをただただ悪者に思うばかりではなく、本当に女性の産後の記憶というのは鮮明で繊細だということを覚えておいてほしい」と呼び掛けました。
 

「残すは、うーくんとの話し合い」

最後は、「てつやとのことはこれでもう終わり。ここまでしなきゃてつやは絶対に謝らなかったからもう後悔はありません。残すは、うーくんとの話し合いです。今だにどこにいるかも教えて貰えない状況です。また報告します」と、てつやさんとの“闘い”は終わり、次はしばゆーさんとの話し合いが残っていることを明かしたあやなんさん。てつやさんのXの20日のポストによると、しばゆーさんには東海オンエアのとしみつさん以外は会えていない状態です。あやなんさんがしばゆーさんに会える日は来るのでしょうか。次の展開を待ちたいですね。

 


>次ページ:東海オンエアを巡るあやなんさんの今までのポストも見る
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」